• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > わんこの漢方体験談

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ わんこの漢方体験談

犬の脱ステロイド漢方治療5か月

金属アレルギーのある犬の脱ステロイド漢方治療をした報告です。

皮膚の弱い犬で、長い間、ステロイド治療をされていました。

金属アレルギーで、首輪についている金属に反応し、
酷い時は、下の写真のように金属に触れているところが、赤く腫れ上がり血もにじんでいました。

mayu20.JPG
(2018年2月4日撮影 首輪を外した首周りの写真です)

ステロイドを止め、漢方薬2種類を服用させ、4日後の写真が下の写真です。

mayu24.JPG
 (2018年2月7日撮影 赤くはれていた皮膚が、赤みが引いて毛が抜けた状態です)

その後は、2種類の漢方薬を服用しながら、様子を見ていました。
痒みは強いらしく、掻き毟ってしまうので、洋服を着せて、掻き毟りを予防していました。
赤く腫れ上がっていた皮膚は、乾燥していましたが、毛が抜けている状態でした。

mayuhifu2.JPG
《2018年6月14日撮影)

痒みが酷く、身体に熱を持っているようなので、清熱の漢方薬を使い、痒みを抑えていましたが、
やはり掻いてしまうので洋服を着せていました。


7月になり、脱ステロイド漢方治療をしている先生から、
ドックフードに大高酵素をかけて、3日間ほど熟成させてから食べさせると良いと教えてもらい、
早速実践したところ、服用1週間ほどで毛が生えそろって、
洋服を着せていなくても掻き毟らなくなりました。

mayuhifu5.JPG
(2018年7月18日撮影)

腸内環境を整えたことで、回復が早まったようです。


犬の皮膚病、漢方薬服用、4日目の結果

犬の漢方治療の報告です。

皮膚が弱い犬で、長い事ステロイドで治療をされていました。

ステロイドを止めたことで、また皮膚病が悪化したので、漢方薬2種類と漢方の軟膏を使ってみました。

この写真が、2018.2.4撮影。
mayu20.JPG
首輪の周辺が特にひどく、痒みがあるらしく身体を床に擦り付け、血がにじんでいました。

この日から、朝、夕 1日2回、漢方薬2種類を服用。
1日1回、漢方の軟膏を塗布。

2018.2.7 撮影
mayu24.JPG

漢方薬2種類、1日2回服用で、4日目の写真です。
漢方薬の軟膏は、2日間だけ塗布しましたが、3,4日目は塗布していません。

血が滲んでいた患部も、赤みも少なくなり乾燥してきました。

4日でここまで回復したのは、私も驚きました。

今後もう少し、様子を見ていきます。


死にそうだったわんこ、復活しました。

近所のマルチーズが、死にそうだと相談を受けました。

食欲もなく、体重も減り、首輪も抜けるようになったそうです。

飼い主さんも、もうダメかと ペット霊園も検索してみたとか。
動物病院で、検査のため 絶食をさせて調べる。と言われたそうですが、絶食させたら、そのまま死んでしまうのでは・・・・と心配されて、相談を受けました。

起死回生の漢方薬を、1日2回、口に入れてね。と渡しました。

次の日、恐るおそる病状を聞きに、我が家のわんこの散歩途中に玄関の呼び鈴を押しました。

復活した!!」 と興奮して飼い主さんが、出てきてくれました。
なんと、わんこは、元気になってお散歩に行き、話をしている途中で帰ってきました。

その元気になった姿を見て、「確かに起死回生の薬だわ!」と驚きました。
私が使ったのは、紺色の箱に入った丸い金色の漢方薬です。

相談を受け、この薬で、生き返ったわんこの5匹目ですup
勿論、私は獣医師ではないので、飼い主さんに漢方薬の話をして、飼い主さんの判断で使ってもらっています。

この漢方薬は、昔から救急薬として使われてきた薬です。
もしもの時にと、中国や韓国では、救急箱に入っていると聞きました。

脳梗塞で救急車で搬送され、半身麻痺の方にも使ってもらい、回復したこともあります。

鎮静作用もあるので、試験、面接などのドキドキする時にも、効果を発揮します。

雷におびえて落ち着かない愛犬も、この薬で静かになったことがあります。

実際、わが愛犬や友人のわんこの漢方服用の結果を見ると、ペットに漢方は良く効きます。

また、ブログで紹介しますね。


IMAGE058(1) (427x640).jpg

1

« 私の薬膳、わんこの薬膳 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ