• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 日々の養生: 2016年8月

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 日々の養生: 2016年8月

夏の過ごし方


暑中お見舞い申し上げます。

梅雨明けし、本格的な夏がやって来ました。(暦の上ではもうすぐ立秋ですが・・・)

ローズヒップ、ハイビスカスティー.jpg
東洋医学の古典 黄帝内経では、夏の3か月(5月6日の立夏~8月8日の立秋)のことを蕃秀(ばんしゅう)と呼びます。

夏は草木が成長し、花が咲き、天地の陰陽の気が交流することで、万物が成長して栄える。

朝は早く起き、夜は1年で1番遅くまで起きていても良い(日が長いので)。

体を適度に動かし汗をかき 、体の陽気を上手く発散し

明るく怒ることなく気持ちよく過ごすべき、と黄帝内経に書かれています。

地球温暖化も影響しているのか、最近は日本でも猛暑が心配されることが多くなりましたが、

この時期は水分の摂取、冷房機器の上手な使用で熱中症の予防をしたいものです。

しかし、クーラーの効き過ぎと、冷たいものの摂りすぎは注意が必要です。

夏は陽気を発散させ、体に熱がこもらないようにして、健康を維持する必要がありますが、

クーラーの効き過ぎは、陽気を発散させることが出来ず、体に熱がこもることになります。

それにより、益々冷たいものがほしくなり、その摂りすぎも胃腸を冷やし、食欲不振、下痢などの

症状を引き起こすことにもなりかねません。

また、もともと陽気が少ない人は、クーラーの効き過ぎにより、体が冷え体調を崩してしまいます。

クーラーの設定温度、低すぎませんか?冷たいもの摂り過ぎていませんか?・・・ ちょっと見直してみませんか?

そして、朝夕の涼しい時間などに適宜体を動かし、汗をかき、代謝を良くして流れの良い身体を目指しましょう。

時には木陰などの自然の風(天然のクーラー)で涼を得ながら、この夏を元気にお過ごしくださいね。






 


1

« 日々の養生: 2015年11月 | メインページ | アーカイブ | 日々の養生: 2017年5月 »

このページのトップへ