• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > The Kanpou Reborn > The Kanpou Reborn 高橋和江さん

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ

< 大人の振袖  |  一覧へ戻る

The Kanpou Reborn 高橋和江さん

漢方薬局 桃仁の美しく年を重ねるプロジェクト The Kanpou Reborn の趣旨に合う素敵な方として、紹介致します。

                    たかはしきもの工房代表の 高橋和江さんです。

Kazue.jpg
私の小学校からの友人で、家業の悉皆屋を継いだ女性ですが、彼女は、著書の中で着物嫌いだったことを告白していますcoldsweats01

着物嫌いだからこそ、簡単に誰にでも親しめる着物の世界を展開していったのだと思います。

彼女自身も東日本大震災で被災され、また、泥にまみれた多くの着物と闘ってきた人です。
その中から、また新しい工夫が産まれ、津波で汚れた着物をたかはしきもの工房に持ち込む被災者の着物への想いを汲み、その想いが、彼女の着物ワールドを作り出したのです。

保守的な着物の世界において、いろいろな批判や中傷もあったとは思いますが、それに負けない彼女の芯の強さと工夫が、今や批判をする方々にも 彼女が作り出した補正下着などが良い品物として浸透し広がっているようです。

着物の雑誌を開くと、たかはしきもの工房の補正下着などが目につきます。

kimono1.JPG

sripextra01.jpg
きものを快適に、気軽に、そして汗移りなどからきものを守るために 高橋さんが開発した満点スリップ。
これがあれば、襦袢の代わりにもなるので、私もお気に入りです。

furisode3.JPG

美しい還暦を迎えたいという願いを込めて50代の振袖です。
高橋さんが、大人振袖のコーディネートをしてくれました。



img065.jpg

たかはしきもの工房 http://www.kimonokoubou.co.jp/

カテゴリ:

< 大人の振袖  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

大人の振袖

漢方薬局 桃仁のひとつの柱、

The Kanpou Rebornは、還暦をひとつの節目と考え、

その後、元気で魅力的な年を重ねて欲しいという想いから始まりました。

私が、漢方相談をしながら感じていたことは、体調が整うと女性は綺麗に元気になっていくということです。

東洋医学では、女性の身体を7の倍数で考えていきますが、49歳は閉経を迎える時期とみています。

閉経を挟む前後を更年期と言いますが、この時期の女性の身体は、大きく変化していくのです。

この時期から、身体を整え、自分の生まれた干支に還る還暦を

健康で美しく、魅力的な女性として迎えたいと始めた The Kanpou Reborn。


漢方薬局桃仁では、40代、50代の女性を中心に

そしてそれ以降の 健康的な美しさを求める全ての女性をサポートしていきたいと思います。

私の中でのイメージは、ワインが時を刻みながら熟成していくように、

女性も若い時にはない魅力を増していって欲しい・・・・

それを支えるのは、心身共に健康であることです。

今月、還暦を美しく迎えられるようにとの思いを込めて、50代の振袖を着てみました。

furisode2.jpg
同級生と振袖プロジェクトを立ち上げ、総勢7人の振袖チームです。

その華やかさに、本当に心が躍りました。

振袖が、こんなにも女性の心をワクワクさせてくれるものだとは、袖を通すまでは思いませんでした。
furisode3.JPG

左端に写っているのが、着物の世界では有名な 高橋和江さんです。

彼女が、大人振袖のコーデネートをしてくれたおかげで、コスプレにはならない大人振袖ができあがりました。

furisode4.JPG
大人振袖は、20歳の可愛らしい帯結びではなく、しっとりお太鼓です。

若い子の真似ではなく、重ねてきた年齢で振袖を着てみました。

年を重ねることを楽しめる The Kanpou Reborn の趣旨に合った大人振袖です。

病気の相談で来店された方の、きれいになり若返ったお話し

漢方薬局 桃仁の扉を開けていらっしゃる方のほとんどが、体調になんらかの問題を抱え相談に来られます。

難病指定の方から癌治療中の方、
更年期障害や子宝相談、
整形外科的な痛み
皮膚のトラブル、
アレルギー
精神的な疾患
脳梗塞、心筋梗塞などの血流の関係する方など 様々です。

漢方薬を服用され、ご本人や家族に喜ばれる改善例が、多いのが漢方薬局です。

病院で、改善が難しいと言われた方が、元気に日々を過ごされています。

驚くような改善例を公開できないもどかしさはありますが、(個人的な詳しい症状などありますので・・・)

「漢方に出会って、こんなに良くなるなんて思ってみなかった。」と感謝されることが、最大の喜びです。

今日いらした方は、漢方薬で、肌がとてもきれいになったと嬉しそうに教えてくれました。
この方は慢性疾患で悩まれていらした方です。

11141.jpg
漢方薬をお勧めし、
痛みなども取れただけではなく、
肌もピチピチ、しっとりと潤い、自分でも鏡を見るたびに違いを感じ
自信がついたので、肌の美容チェックをしてもらったところ、
年齢より若い肌結果が出て、漢方薬の威力を感じたとおっしゃていました。
14112.jpg

ひざの乾燥も良くなり、素足でもきれいな脚になり、
久しぶりにワンピースが着れる と喜んでおられました。

ウキウキした顔で帰られる姿に 元気をもらえた午後でした。

お手本にしたい素敵な90歳

今日は、とても素敵な90歳のご婦人が、桃仁にいらっしゃいました。

今回で2回目の来店ですが、

今日は、ゆっくりお茶の時間をご一緒しました。

大きな車に乗っていらっしゃるので、90歳とは思っていなかったのですが、

8月で90歳になられたそうです。

mugi1.JPG

病気はしたことがないそうで、ともかく良く動くそうです。

食事も3食、自分で作り、朝6時に起きての生活のペースは、崩さないとか。

元気で素敵でいられる秘訣をお聞きすると、

『考えの暗いのはだめよ。やる気のないのはだめ。

これはできないとか、あれは嫌だとかいってはいけないのよ。

何でも、自分でするのよ。』とおっしゃっていました。

お話が楽しくて、時間があっという間に過ぎていきました。

漢方薬局 桃仁のひとつの柱、元気に美しく年を重ねる THE Kanpou Rebornのお手本のような方でした。

「わたしはやんちゃで、おしゃべりだから、今日もおしゃべりしすぎちゃったわね~ お邪魔しました。」と

大きな車に乗り、90歳とは思えない運転で、去って行かれました。

素敵な年の重ね方をしている方にお会いすると、元気がもらえます。

「○○さんのこと、ブログに書かせてください。」とお願いして、お写真も撮らせていただきました。

次々淀みなく語られるお話は、本当に楽しく、

今日は楽しいお茶の時間を過ごさせてもらいました。

年だから・・・?年だからこそ・・・

『もう年なので・・』とおっしゃる方が多いのですが、

『年だから、できること・・・』を考えています。

年を重ねたからこそできることってありますよね。

私は、50代後半、これから向かう還暦に、振袖を着たいと思っています。

更年期の相談でいらっしゃる方にも、そんな話をして、

これからは、楽しみましょう~、何かしたいことはありますか?と聞くことがあります。

還暦に振袖の話をすると、皆さん、ちょっと驚かれますがcoldsweats01

確かに振袖は、未婚女性の礼装で、既婚女性は、着てはいけないと言われます。

でも、ある程度年齢を重ね、そのマナーを知りつつも、

自分の価値観で 振袖を選択することはできると思っています。

先日、小・中・高校と一緒だった友人と盛り上がり、還暦に振袖を着ようということになりました。

kimono3.PNG
彼女は、着物の世界では有名人の高橋和江さんです。

着物の敷居を低くするために 満点スリップを始め、着物の楽しさを広めている方です。

悉皆屋の女将として、着物のお手入れ本や リサイクル着物の選び方の本などの著者としても注目の方です。

kimono1.JPG

kimono2.JPG

漢方薬局 桃仁のプロジェクト 「The  Kanpou Reborn」のモデルの一人になってね。と先日お会いした時にお願いしてきました。

母の脳の活性化・・・手仕事

今年も お盆を気仙沼の実家で、過ごしてきました。

東日本大震災で、大きな被害を受けた気仙沼は、大きく変わりましたが、

人々の立ち直るエネルギーや 自然の美しさ、美味しい食事に癒された 夏休みになりました。

今回は、母とゆっくり過ごしたいと思っての帰省でした。
私の母も、今年秋には89歳になります。

手先が器用で、お料理も手仕事も得意で、
美味しい食事や、手作りの洋服、また、生活の工夫など、いつもお手本にしたいような母でしたが、

最近は、お料理のレパートリーも減り、手仕事などはしなくなっていました。

以前のように 刺繍などもやってみたら?と何度薦めても、
『もうできなくなった・・・年だから』と断ることが多く、私も、「もうできないのかしら?」と思っていました。

今年の母の日にプレゼントした 刺繍のセットも手つかずのままだったので、
今回、かなり強引に 『この図案の通りに 刺してみて。』と針に糸を通して渡しました。

『え~』と初めは戸惑っていましたが、手を動かすと昔の感覚が戻ってきたのか、

次々と図案に沿って、手を動かしていきます。

omama5.JPG

説明書を見ながら、刺繍糸を選び、刺繍パターンを確認しながら、刺していきます。

あっという間に、一つのパターンを終え、それを眺めながら満足そうでした。

母は、小さい頃から器用で、何をやらせても良くできていたので、
そのプライドが邪魔して、年を取って器用にできないぐらいならやらない方が良い。と思っていたのでしょう。

omama6.JPG

omama7.JPG
この刺繍は、昔の母の手の込んだ作品と比べることはできませんが、
図案通りに正しく刺されています。

母は、もう刺繍はできないと思っていたに違いありません。

しかし、母の予想以上に、手は動き、作品が仕上がっていくので、自信も付き楽しかったようです。

その後も、コツコツと手を動かしていました。

驚いたことに、何年か前の母に戻ったように、他のことに関しても反応が早く、
脳が活性されたように思います。

手を動かすことで、脳にも刺激になります。

そして、一番大切なことは、楽しい!! と思うことです。

いつまでも、元気でいてもらうように、母の好きな手仕事を いろいろ見つけて
脳を活性化させておこうと思った 夏休みでした。


このページのトップへ