• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 2018年7月

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 2018年7月

漢方薬服用を止めてわかる身体の変化

2年ほど前に 更年期の症状でご相談を受けた方です。
ホットフラッシュ、めまい、全身の汗、胸の苦しさなどを訴え、
病院では、自律神経失調症言われたそうです。

胃腸の弱さもありましたので、胃腸のことも考え、気持ちを安定させる漢方薬と
更年期症状を和らげるような漢方薬を出しました。

初めは、15日分の漢方薬をお渡ししたところ、
次の来店時には、朝の汗がなく、気持ちも安定し、すごく調子が良いと喜ばれました。

旅行の予定もあり、すぐにお腹をこわし、旅行先で楽しめないと言われてましたが、
2種類の漢方薬で、旅行中も元気で、周りから、元気になったと言われたと
声を弾ませて報告してくれたのを覚えています。

その後、体調も良く、漢方薬は1種類の身体を守る漢方薬だけにしました。
medical_yagen.png

約2年間、4か月に1度ほどの来店で、漢方薬を購入され、
体調を維持されていました。

今回、いつもの漢方薬が無くなったのに 忙しくて服用しなかったら、
飛蚊症が酷くなり、それ以外にも目の見え方が悪く、
眼科を受診しても異常はないと、老化のせいと言われたそうです。
kodomo_shiryoku_kensa_bad.png

服用していただいていた漢方薬は、アンチエイジングにピッタリの漢方薬です。

老化に伴って弱くなる腎を補腎し、目に関係すると言われる肝にも良いものです。

漢方薬の服用を止めて、漢方薬がいかに身体を守っていてくれたのかが分かった。
とおっしゃっていました。

漢方薬にも短期間の服用の物から、長期服用することによって、身体を守り、長生きできる。
と言われるものまで、様々です。

漢方薬は、思った以上に身体を守っているということですね。






犬の脱ステロイド漢方治療5か月

金属アレルギーのある犬の脱ステロイド漢方治療をした報告です。

皮膚の弱い犬で、長い間、ステロイド治療をされていました。

金属アレルギーで、首輪についている金属に反応し、
酷い時は、下の写真のように金属に触れているところが、赤く腫れ上がり血もにじんでいました。

mayu20.JPG
(2018年2月4日撮影 首輪を外した首周りの写真です)

ステロイドを止め、漢方薬2種類を服用させ、4日後の写真が下の写真です。

mayu24.JPG
 (2018年2月7日撮影 赤くはれていた皮膚が、赤みが引いて毛が抜けた状態です)

その後は、2種類の漢方薬を服用しながら、様子を見ていました。
痒みは強いらしく、掻き毟ってしまうので、洋服を着せて、掻き毟りを予防していました。
赤く腫れ上がっていた皮膚は、乾燥していましたが、毛が抜けている状態でした。

mayuhifu2.JPG
《2018年6月14日撮影)

痒みが酷く、身体に熱を持っているようなので、清熱の漢方薬を使い、痒みを抑えていましたが、
やはり掻いてしまうので洋服を着せていました。


7月になり、脱ステロイド漢方治療をしている先生から、
ドックフードに大高酵素をかけて、3日間ほど熟成させてから食べさせると良いと教えてもらい、
早速実践したところ、服用1週間ほどで毛が生えそろって、
洋服を着せていなくても掻き毟らなくなりました。

mayuhifu5.JPG
(2018年7月18日撮影)

腸内環境を整えたことで、回復が早まったようです。


ヒルに血を吸わせる

外痔核で悩まれている方の相談を受けています。
oshiri_itai_woman.png

もう10年も苦しんでいるのだとか・・・
手術したこともあるそうですが、それで完治はしなかったようです。

漢方薬局での対処法は、まず身体の状態を聞きます。

原因や症状、生活習慣、冷えかのぼせか、胃腸の調子は、出血は、痛みは、今までの治療は・・・・
それによって、使う漢方薬は違うのです。

今回の相談は、外痔核でした。
痛くて、出血もあり、辛いとのことです。
便秘もあるので、そのために、直腸部の静脈血の循環が良くなく、うっ血を生じているのでしょう。
問診でわかったことは、血の熱のため、血滞を起こし、血液循環が悪くなっていること、また、冷えのぼせも起こしているようでした。

出血も気になりましたので、血の巡りも良くし、止血作用のある田七人参も使ってみましょう。

「以前、ヒルを捕まえてきて、外痔核にヒルを付けて、血を吸わせたら、ぽろっと取れたんだけどね~」とおっしゃっていましたが、
「ヒルじゃなく漢方薬でやってみましょう」と お薬を渡しました。

余談ですが、ヒルは、漢方薬にも使われます。
水蛭(スイテツ)といい、破血逐瘀の効能があります。
bug_character_hiru_kougai.png

暑い夏は、バランス良い食事で

今日も、35度を超える暑い日になりそうですね。

7111.JPG

今朝は、鶏肉と5種のビーンズのリゾット、ミニトマトとイタリアンパセリ、紫蘇のオムレツ、庭のベビーリーフサラダ塩麹です。
しっかり食べて、元気に過ごします。

今朝、NHKのあさイチで、熱中症にならないために、水分補給をしたのに
脱水症状を起こした話を放送していました。

朝の忙しさの中で、ちらちら見ていただけですが、
要約すると、熱中症にならないように麦茶をがぶがぶ飲んでいたのに、
熱中症になってしまった!と言う話でした。

いつもは、部活に行く息子に 経口補水液(ポカリスエットやオーエスワン etc)を持たせていたそうですが、
その日は、経口補水液を切らしていたので、息子に麦茶を渡したそうです。

汗は、99%が水分ですが、残り1パーセントにミネラルが含まれています。

今回のあさイチでは、Naが失われて、そこにガブガブ麦茶を飲んだことによって、
Na濃度が薄くなり、そのバランスを取ろうと体が反応し、水分が余計に出てしまったと説明していました。

買い置きの 経口補水液が無くても、自分で作れます!と紹介していました。

作り方 水1L 砂糖40g 塩3g を混ぜるだけです。

私のお勧め 経口補水液は、

ビタミン、ミネラル、ブドウ糖、果糖、オリゴ糖、etc含有の大高酵素 + 塩 +水

最近は、梅酵素 + ぬか漬けで 身体を守っています。

7112.JPG



1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ