• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 桃仁身体のお話

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 桃仁身体のお話

不妊の原因について(排卵障害)

不妊原因の4つ目は、排卵障害についてです。
 

排卵に至るまでには、正常な卵胞の発育、成熟が必要になります。
 

卵巣の中の原始卵胞と呼ばれるものは、卵胞直径0.1〜0.2mmで、月経の始まる頃に直径5mmほどになり,卵胞刺激ホルモンの(FSH)により卵胞は成長します。卵胞直径8mmになる頃から、エストロゲンの分泌が徐々に増え、卵胞の大きさが15mm頃に急増し、卵胞期初期の数倍の産生量になります。

間脳ー下垂体系に200pg/ml以上の高レベルのエストロゲンが2〜3日間作用すると、脳下垂体からのLHの放出を促され、これが、卵胞表面の一部の組織を非薄にし卵胞破裂(排卵)を起こすのです。
 

排卵発育の障害は、いろいろな段階で起こります。
⚫︎1mmに満たない小〜中細胞のままで成長が止まる場合。
⚫︎5mm前後にまで成長するが、そこで成長が止まる場合。
⚫︎排卵直前までの大きさにせいちょうするが、卵胞破裂が起こらない場合。

以上を排卵障害による不妊症と呼び、不妊患者の15〜20%を占めています。

 

排卵障害の3つの治療法は、以下の通りです。

⑴ 間脳ー下垂体の障害に基づく低ゴナトロピン性卵巣機能障害の像を呈するもの
  重度の環境性無月経、神経性食欲不信症、Kallman症候群、ゴナトロピン単独欠損症などを含む。
⑵間脳ー下垂体の機能障害に基づくが、血中ゴナトロピンレベルはほぼ正常レベルで、エストロゲンレベルもほぼ正常。
  無排卵や希発月経を呈し、PCOSなど。
⑶卵巣性無月経とよばれ、高ゴナトロピン性卵巣機能不全など。


不妊原因について(男性因子がかかわる不妊症)

不妊に悩む方に「私は何が悪いのでしょうか?」と聞かれることがあります。
 

原因は、そんなに簡単に分かるわけではないのですが、次の10項目があげられます。
また、その原因がひとつだけではなく、複数見つかることもあります。

では、10項目についてです。
 

男性因子がかかわる不妊症

⚫︎性交、射精の異常 がかかわる場合
      性欲の減退、性交障害、射精障害、ゴナトロピン分泌不全のインポテンス

⚫︎精子の産生異常がかかわる場合
       ゴナトロピン分泌低下による造精機能障害、高プロラクチン血症、
       先天的異常に基づく造精機能障害、停留精巣、染色体異常、遺伝子異常、
       感染に伴う造精機能障害(流行性耳下腺炎など)、精索静脈瘤、抗精子抗体

⚫︎精管の通過障害がかかわる場合

⚫︎その他の男性不妊
       精巣上体の異常、副性器の炎症、常染色体劣性遺伝疾患
                                 

                  以上が考えられます。
 

簡単に言うと、性交回数が減少していないか、精神的なダメージで、勃起不全になっていないか、
正常な射精ができていないかなどをまず最初に考えます。

勃起不全を起こす薬剤(メチルドパ、βブロッカー、高圧利尿薬、潰瘍治療薬など)服用していないか?
勃起障害は、ホルモンや血管系、神経系などの疾患の可能性もあります。

また、精子を造る造精機能障害を起こすものに、停留精巣(生後2年以内に手術を勧めるところもあります)
おたふく風邪なども原因になることもあります。

造精機能は、高温環境が苦手なので、発熱を起こす疾患や環境もよくないので、
サウナなどもあまりお勧めできません。
また、抗精子抗体と言って、精子の動きを抑えてしまう免疫が関わることもあります。
 

不妊の原因は、男性側と女性側、また両方にあることもあるので、しっかりと検査をして、次のステップへ進みましょう。
 

今日は、男性不妊の原因についてでした。
 


腸のお話し

ここ数年医学界においても、腸はとても注目されています。
slide0009_image001.png
悪玉菌腸内フローラ…最近耳にすること、ありませんか?
腸には1000種類とも言われる腸内細菌が住んでいて、それらが種類ごとに集まり、まるでお花畑のようで、そこから腸内フローラと呼ばれているのです。
腸内細菌は、3種類に分けられます。

善玉菌…乳酸菌やビフィズス菌など
悪玉菌…大腸菌など
日和見菌…数の優勢の方に加担する菌

これらの健康比率は 2:1:7、この状態が健康な状態です。
slide0003_image007.png悪玉菌っていない方が良いでしょ、そんな声も聞こえてきそうですが
悪玉菌がまったくいなくなるのも、実は問題があります。悪玉菌がいなくなっては、異物に対抗できないなど不具合が生じてくるからです。
だから、善玉菌、悪玉菌は、2:1の比率、そして善玉菌を優勢にしておくこと。
これが大切です。

しかし、その比率は加齢や、食生活や、生活習慣、運動不足、様々な要因により崩れやすくなります。
そうなると腸内環境が悪化し、免疫力が下がり、病気にかかりやすくなるのです。

免疫力が下がるの?
そうなのです、なんと身体の免疫細胞の50〜70%は腸管に存在しているのです。

では、腸内細菌はどんなことをしているのかと言いますと

①病原菌を追い出す
②消化、吸収を助ける
③ビタミンの合成
④ホルモンの合成
⑤セロトニン、ドーパミンの合成
⑥免疫細胞の活性化


などを行っています。
ビタミン、ホルモンの合成はわかるけど、セロトニン、ドーパミンって?
そんな疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますので、補足を。
セロトニンやドーパミンは神経伝達物質で、簡単に話しますとセロトニンは自律神経を落ち着かせて、リラックスさせる作用、ドーパミンはやる気を出させて、幸福感を感じさせる作用を持っています。
心療内科や精神科領域でも、うつや不眠など、セロトニンやドーパミンを増やす薬などが用いられていますが、今後精神科領域でも既存の薬物治療だけでなく、腸内細菌に注目した治療もなされていくのではないかとも言われています。
実際、医療で、正常な腸内細菌を治療に使うという便移植も行われるようになってきました。

腸内環境を整えることは、がんの予防、糖尿、認知症、うつ等の精神疾患、肥満、アレルギー、アトピー、老化防止などに繋がり、健康を維持する上では非常に重要な意味を持ちます。
また、腸内環境が良いと便秘改善、美肌、ダイエットにも繋がるのです。
腸内環境を整える生活を心がけていきたいですね。
食習慣、生活習慣(ストレス、睡眠不足、運動不足など)、改善できることから始めて見ましょう。

おまけ
桃仁では、酵素にも着目していますが、酵素飲料、そして酵素飲料を使ったお料理は、腸内環境を整えるお手伝いをしてくれる…ということで腸内環境と酵素飲料についてもまとめていますので、どうぞご覧ください。

腸内環境と酵素飲料

slide0010_image016.png最近医学界でも腸の新たな働きについて研究がなされ、今まで以上に注目されています。
全身で一番大きな粘膜組織である腸管は、1000兆個とも言われる腸内細菌が存在し、腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しています。
また、腸管は身体全体の免疫細胞の5割から7割が存在する、最大の免疫機構と言われます。
腸内細菌は、乳酸菌などの善玉菌、大腸菌などの悪玉菌、その2つのうち数の多い方に加担する日和見菌があり、健康な比率は、2:1:7。

酵素飲料
今話題の酵素ってなんでしょうか?そう考えたことはありませんか?
酵素とは、一言で言い表すとあらゆる生命現象を支えているものであり、生きていく上で欠かせないもの。
私達の身体の中にある酵素は、消化酵素と代謝酵素。
消化酵素は、例えばご飯などのでんぷんを分解するアミラーゼや、タンパク質を分解するプロテアーゼや、脂肪を分解するリパーゼなどで、その他にも沢山の消化酵素があります。
消化酵素によって栄養がエネルギーになったら、それを働かせのが代謝酵素です。
運動、呼吸、脳での思考、老廃物、細菌、ウィルス等の排除、肌の新陳代謝などあらゆる場面で生命活動を支えています。
消化酵素と代謝酵素は密接な関係があり、消化酵素を使い過ぎてしまうと、代謝酵素は不足します。
健康を維持するためには、消化酵素の無駄遣いを避け、代謝酵素を十分働かせることが必要です。
今話題の酵素食品(酵素飲料)は、食物に含まれている食物酵素により、体内に入った時に消化の良い状態を作り、身体の中にある消化酵素を節約し、結果的に代謝酵素を活性化させます。
また、酵素食品(酵素飲料)は、それぞれの食品が持つ食物酵素により、そのものの形が変わり、それらが更に発酵、熟成され、腸内細菌(善玉菌)の栄養源となり、腸内環境が整えられることで、健康を維持することが出来るのです。

酵素飲料を健康維持の為、そのまま飲んでいただくだけでなく、酵素飲料を使った美味しいお料理でパワーアップ、美味しく元気に過ごしませんか?
桃仁の酵素料理を紹介いたしますね。

肝臓について

体の中で 1番大きな臓器の肝臓。
横隔膜のすぐ下にあり、胃の隣、右側上腹部に位置します。
slide0008_image005.png
図のように、右葉、左葉からなっています。
slide0008_image007.png
重さは、1000~1200g。
門脈から、多量の静脈血が流れ込んでいます。そのために温度が高い臓器で、暗紫色です。          
肝臓には、肝動脈、肝静脈および門脈の3本の血管が出入りし、体内の1/4の血液が、集まっています。
肝臓は、肝細胞が集まって形成する肝小葉(1~2㎜の六角柱)で構成されています。
肝臓は、高い再生能力を持ち、正常時は、全体の3/4ほど、切除しても再生されます。


肝臓は、化学工場
肝臓が、化学工場と言われるのは、次のような働きをしているからですね。
slide0008_image008.png
・栄養素の分解・合成
・栄養分の貯蔵
・有害物の処理
・赤血球の分解
・胆汁の形成
・体温の維持


各栄養素の代謝やアルコール分解、解毒など、働きは500以上ともいわれる大きな化学工場の肝臓。
沈黙の臓器とも言われる肝臓は、症状が出にくいので、健康診断などで、肝機能の値を見て、気がつくこともあります。


検査値をチェック!ALT(GPT) 基準値30IU /L以下
ALT(GPT)は、主に肝細胞にある酵素で、主にタンパク質代謝、エネルギー代謝に関係しています。
栄養を体の各部で使いやすい形に変える仕事をしています。

肝細胞に何かダメージがあると、ALTは、血液中に漏れ出します。
代表的な疾患としては、ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝疾患、慢性肝炎 等

検査値をチェック!AST(GOT) 基準値30IU /L以下
AST(GOT)
は、肝細胞もしくは心臓、腎臓及び筋肉などの臓器に多く存在している酵素です。
アミノ酸代謝やエネルギー代謝で、重要な働きをします。
肝細胞がダメージを受けることにより、血液中に漏れ出します。  
注:AST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、肝臓だけの異変を示すわけではないので、AST(GOT)値のみが高値を示す場合は、肝臓以外の病気である可能性もあります。

ALTも一緒にチェックしましょう!
slide0007_image018.png
検査値をチェック!γGPT 基準値50IU /L以下
肝臓の肝細胞や胆管細胞、胆汁に存在する酵素で、たんぱく質を分解。合成をしています。
γGTPが多く作られる原因としては、飲酒・肥満・ある種の薬などがあります。多く作られたγGTPが血液中に流れ込みます。
また、胆汁うっ滞※や胆管細胞の破壊で、細胞内や胆汁に存在するγ-GTPが血液中に漏れ出し、数値が上がります。
代表的な疾患として、アルコール性肝障害、脂肪肝、胆汁うっ滞、原発性胆汁性肝硬変、胆石症、胆道閉塞など

1

« 桃仁漢方講座 | メインページ | アーカイブ | The Kanpou Reborn »

このページのトップへ