• 24時間WEB予約
  • 診療サポートシステムLunaLuna

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ

夏に失ったもの、取り戻しましょう(美容編)

世界を旅する気分で、世界のお茶を味わいながら、ブログを更新しています。

今日は、カリブ海に浮かぶ小さな島 グレナダ。

いただくお茶は、南国のフルーツの香りのフレーバーティーです。
A79FE1B6-257E-4C3C-AC6D-E249BA5CE2A4.jpeg
夏は、明るく華やかで、開放的な気分になり、わくわく感がありますよね。

夏は魅力的だけど、美容的には、厳しい環境とも言えます。

暑さと紫外線は、お肌、身体にダメージを与えますので。

夏は人を老けさせるsadってご存知でしたか?

最近の夏は、気温も35℃を超え、人の体温近くまで上がったりすることもありますよね。

家の中ではクーラー、外に出ればクラクラする暑さ

その温度差にも身体は悲鳴をあげます。

また、暑いからと冷たい飲食が多くなり、これでは胃腸もぐったりですね。

今日は、特に美容面についてです。

夏の暑さで大量の汗をかくと、身体の中の津液が奪われ、

それが進むと 血 までもが消耗されます。

肌や髪などを潤す津液、ツヤツヤ、プルプルにしてくれる血。

これが消耗されれば、肌はカサカサ、髪はパサパサします。

シワができることもあるし、しみ、たるみ、くすみなども引き起こします。

夏は、人を老けさせると言われる意味がわかると思います。
602CD86D-E926-46B1-9969-0004407EB0A1.jpeg  A8400982-FE5A-4576-BAAB-F204211C4898.jpeg
だから、今、今なんです。

メンテナンスで、夏のダメージ、無かったことにしましょう。

補隂、補血、活血、が美容にも必要ですね。

漢方薬には、この技があります。

私も、先週から夏の終わりのメンテナンスを始めました。
BF144B79-C964-459A-8E89-19C9E122C307.jpeg
失った潤いの補給に亀板の力を借り、飲む美容液と言われる瓊玉膏も欠かせません。

今夜は、大高酵素のふげんと大高酵素発酵飲料を

混ぜたふげんパックをして、

かっさマッサージで、早めのメンテナンスをします。
667B9A5B-2AAB-4465-BFD8-98343BE3D6D5.jpeg

あなたも、夏に失ったもの、取り戻しませんか?


犬の漢方相談を受けながら思うこと

世界各地を旅する気分で、各地のお茶を飲みブログを更新する9日目です。

今日は、ケニアを旅する気分を味わっています。

訪れる場所は、ナイロビから車で約4時間、アンボセリ国立公園。

お茶は、コクがありながらスッキリした印象のアフリカ産CTC紅茶、キリマンジェロ。

今日は、ランチと共にいただきました。

C052DE31-69EF-4EB2-93F6-717145D8A6E0.jpeg
お茶を味わいながら、アフリカの大地、サバンナに生きる動物たち、キリマンジェロの山

そんな空想の世界に浸っていました。

アフリカは、小さい頃からの憧れの土地ではあるけれど

決して汚してはいけない、足を踏み入れてはいけない そんな風に思っています。

動物繋がりで、今日はペットの漢方薬のことを書いてみます。
4B3FC0CB-DAAB-46EA-8E39-6FE6B09BE6EB.jpeg 
今月は、犬の漢方相談のお電話が次々と入りました。

私が相談を受ける犬や猫は、高齢であったり、癌や、リンパ腫等、

余命短い犬や猫、重い病気の犬や猫が多いようです。

獣医さんにも、「もう長くは無い」と言われたり、

「高齢なのでもうやることはない」と言われた場合に

飼い主さん(私はご家族、パパ、ママと呼んでいますが)は、

少しでも何かしたいと相談に来られます。

寿命をぐーんと伸ばしたり、癌やリンパ腫などの病気を治すことはできなくても

弱っていく身体を支えたり、気血を巡らしたり、生命の火を少し強くすることはできます。

何匹ものワンちゃんネコちゃんの家族から、

もう一度一緒に散歩に行ったり、遊んだりして

最後に良い時間を過ごせた と言われることが多いのです。

東洋医学的に言えば、私は、補腎、補気、補血、活血などをする事が多いです。

動物薬を使ったり、ベースに究極の発酵飲料を使ったりします。
455AEE64-6209-48B4-ADEC-7EFC53FEF581.jpeg

この写真は、我が家の愛犬の亡くなる日の写真です。(この7時間後に天国に昇っていきました)

体調不良で動物病院に連れて行くと、脾臓に腫瘍があり、血管肉腫の可能性が大きく

その後、漢方治療も始めました。

この写真を見ても分かるように、目にも力があり、毛並みも良く

もう少しで14歳になるようには見えないと思います。

病気を治すことはできませんでしたが、亡くなる日まで一緒に散歩をし、

入院することも、オムツをつけることもなく静かに亡くなりました。

私は、これが漢方薬の力だと思っています。

この子が亡くなってもう8年経ちますが、私に犬の漢方の使い方を教えてくれた愛犬でした。









脳トレに効果のある生薬のこと、認知症予防を考える

世界を旅する気分で各地のお茶を味わいながら、ブログを書く8日目です。

夏休みでブログをお休みしてしまいましたが、今日はルーマニア、カロタセグ地方へ。

ハンガリー国鏡にほど近いカロタセグ地方では、イーラーショシュと呼ばれる伝統刺繍が受け継がれているそうです。

蜂蜜に漬け込んだフルーツのお茶ネプチューンは、まろやかなお茶です。

ティーカップを刺繍したタペストリーの前で、写真を撮ってみました。
F2806DD3-AE25-43BC-A517-52DAF022075E.jpeg
この刺繍は、母が2年前、我が家に1週間ほど滞在した時に作ったものです。

脳トレには最高と思い、かわいい図案を探してその後も刺繍を続けてもらい

お店の壁に飾り「90歳の刺繍展」を開催したいと思っていました。

しかし、昨年のコロナ感染が騒がれる頃から、針を持つ事をしなくなり

また刺繍を再開させようとしても、「もう出来ないから…」を繰り返すばかりでした。

そんな老いていく母を見て、もう無理なのかしら?また刺繍をやらせたい。と

健脳生薬と言われる、脳を活性化する事ができる生薬を服用させ

もう一度、針を持たせてみました。

そうすると、母は2年前に戻った様に、楽しそうに刺繍を始めたのです。

2年前と変わることなく丁寧に楽しそうに刺繍をする姿を見て

改めて脳を活性させる生薬の凄さに驚いています。
7A05991D-6DB9-4168-B1A0-FA03660F24F4.jpeg

健脳生薬って何だろう?と疑問に思う方に…

人間の脳(大脳)は 数百億個の神経細胞でできていて、

その神経細胞の誕生や生存、成長に関わっているのが

神経栄養因子(NGFやBDNFなど)です。

脳の働きを活発化するためには、

脳神経細胞の保護(NGFやBDNF産生促進)や血流を改善することが大切です。

①脳神経細胞保護(NGF-BDNF産生促進)
    20歳を超えると毎日10万個の脳神経細胞が死んでいくと言われ、この脳神経細胞を保護する事が
 脳の老化を防ぐ第一歩です。

②脳血流改善
 脳の血液循環を正常に保ち、十分な酸素や栄養素を与えることも必要で、大脳皮質や海馬の血流 
 量が不足すると物忘れしやすくなったり、集中力が低下すると言われます。

③鎮静
 精神状態を整えて興奮を抑え、心を落ち着かせることで集中力を高めます。

④滋養強壮
 全身の疲れを取ると、脳の働きも良くなります。

脳の働きをよくする代表的な生薬は、
羚羊角、遠志、沈香、サフラン、紅参、真珠、龍脳 などいろいろあります。

この力は、高齢化が進む時代の救世主になるかもしれませんね。
6E9BAA0E-4005-453D-AE4C-EFBD356B5C3E.jpeg 6776FC0D-AAE4-48B9-9029-A0584BD4211D.jpeg
   (2019年9月)              (2021年8月)  
 
                        (*参考 救心製薬 健康の強化書 健脳生薬)





ライオンのおやつ

先日、NHK BSで、ライオンのおやつの最終回を見た。

これは小川糸さんの作品をドラマ化したもの。

第一回目でその内容に感激し、毎週楽しみにしていた。

これは人生最期を迎えるに相応しいホスピスで過ごすお話し。

そのホスピスは、瀬戸内海に浮かぶ美しい島にある。

ホスピスで一緒になった仲間と、そこで美味しい料理を頂き、週1回のそれぞれの思い出を

再現したおやつを楽しむ。

外出も自由で、美しい島に住む人々、自然に癒される。

最期を迎える人々を暖かく見守りお世話をするホスピスの人々、ボランティアが

彼らの生活を支えている。

そして、死に向かう者は、ホスピスで過ごす事で、自分の人生を肯定し、それを見つめ直し、改め


最後まで生き切って、生涯を閉じる。それが短いものであっても。

 良い旅を…最後にマドンナ(ホスピスの経営者) が優しい笑みで、心のこもった言葉をかけるのが、

印象的だった。

死は終わりではなく次のステージへの旅立ちなのだから。

ドラマも良かったけれど、是非原作も読んでほしい、悲しいけれど、心を揺さぶられる作品。

1E0F599B-B625-4DA2-B46A-95148C6E9AC8.jpeg







 


大きなお腹の妊婦さん、ベビー誕生までもう少し

世界各地を旅する気分で、各地のお茶をいただき、ブログを更新しています。

今日は7日目。

選んだお茶は、滋賀県 信楽の熟成ほうじ茶です。

信楽は、信楽焼の町で、たぬきの愛嬌たっぷりの置物は有名ですよね。
76B4107B-444D-4080-8699-F605C350E9B9.jpeg

今日は、来月出産予定のプレママさんが、大きなお腹を抱えて出産前の相談に来店されました。

不妊相談の方が、妊娠され、無事出産されるまでのサポートが私の仕事です。

大きなお腹は、幸せの象徴ですね。

651195D1-9D95-4E9D-AFAF-4D1FC7109C9C.jpeg

この大きなお腹では、双子ちゃんが、出産の日を待っています。

実は私も双子で、片割れの妹も薬剤師です。

このベビーちゃんたちは、なんと私の誕生日頃が予定日です。

以前、5回目の胚移植後に不妊相談にいらした方がいました。

その方は「今回もダメだと思う。」と意気消沈していました。

漢方薬と食事指導、特にストレス軽減のアドバイスを続けました。

その方は、双子が欲しいとの希望でしたので、

双子のお姫様の名前がついたバラをプレゼントしたり

双子の私から双子パワーを送っていました。

漢方薬局 桃仁に通って頂き、4ヶ月が過ぎた妊娠判定の日

その方は、病院から一番初めに 私に妊娠の連絡をくださいました。

「希望の双子ちゃんではないけれど、すごく嬉しい」と涙ぐんでいたことを思い出します。

それが、なんと次の診察日に、「双子ですよ」とドクターから告げられ、

興奮して私に連絡をくださいました。

「やっぱり、先生は、魔女だと思う」と…

魔女は、薬剤師の起源などと言われることから、

ブログには、私たち双子の薬剤師を 「東の魔女と西の魔女」として紹介させていただいていますが

私の力で、双子になった訳ではないでしょうが、ちょっと、ワクワクしました。

そして、今日のプレママさんからも、妊娠の報告を頂き暫くしてから、相談があると言われ

妊婦検診で通っていた病院が、大きな総合病院に変わったので、

どうしたのかしら?と気になりながら、来店をお待ちした日

「実は、双子だったんです。だから〇〇病院に転院になりました。」と告げられました。

「お腹のベビーは双子だし、先生のお誕生日頃が予定日なんて、

「先生は、やっぱり魔女です。」と言われたことがありました。

これからも、漢方薬局 桃仁では、双子の出産が続くのでしょうか?

そんなことが続いたら……私は、魔女⁇ 

さて、来月、私の誕生日に生まれてくるかしら?

わくわくしながら、双子ちゃんの誕生を待ちますね。



医は仁術と教えてくれた父のこと

世界各地を旅している気分で、各地のお茶を飲み、ブログを書いています。

今日は、台湾の台中、茶葉にお湯を足しながら、一煎目、二煎目、三煎目と 白桃烏龍茶を味わっています。

甘い桃の香りのするお茶をいただきながら、父のこと思い出して書いています。

茶器は、中国茶を楽しむ 桃の模様を選びました。
B1653A13-2721-4097-A136-4E6C6B00FC96.jpeg 7D272710-E1EF-4211-9DEB-4B63D1AD7B11.jpeg



桃は、桃仁の名前にもありますが、私が店名を桃仁にしたのは、父の想いを引き継いでいこうと思ったからです。

父は、患者さん思いの優しい医師でした。

もともと、病弱な父は、病の辛さも良くわかっていたのでしょう。

患者さんの病気だけを見るのではなく、その人を一人の人間としてみる医者でした。

私に良く語っていたことは、

「医者は大したことはできないんだよ。ただその患者さんが治ろうとする力に手を貸してあげるだけなんだよ。」

また、重病の患者さんを診察することが多かった父は、

「医者は、その人にとって人生で一番最後に出会う人になるかもしれない。だから、人格者でなくてはね・・・」と

私に教えてくれました。

父が亡くなった日、父が務めていた総合病院では、

患者さんたちが、「先生が帰ってきた。先生の足音が聞こえた。」とざわめいたそうです。

父は、革靴をキュッキュと鳴らして歩く癖がありました。

父が亡くなった朝、病院内には父の靴音が響いたのでしょうか?

父のお葬式の時も、ひとつのお寺には入れきれず、2か所のお寺で行われたのですが、

それでも、父を思い、手を合わせる人が、何処からか次々とやって来ました。

こんなお葬式は見たことがないとも言われました。

そんな父は、仁に厚い 「仁厚院○○○」と父らしい戒名をつけて頂きました。

我が家には、「医は仁術なり」の額がかけられていて、

小さい頃から、仁の字はなじみ深いものでもありました。

「仁」の字が入った生薬、「桃仁」を店名にしたのは、

父のように 患者さん、その人をしっかり見ていきたい。という想いからでした。

父が亡くなった日も、今日のように暑い暑い日でした。

254294F0-870F-4C2F-AA67-38B55FA4E7C9.jpeg





長年、細菌、ウイルスと戦ってきた東洋医学

世界各地のお茶を片手に、世界中を旅する気分で、ブログを書いています。

今日は5日目。

選んだお茶は、緑茶にベリーを加えた日本のお茶です。

パッケージには、TOKIOと書いてあります。

B8D34965-5101-4B8B-9512-8409B67F83AC.jpeg

東京、そう、東京オリンピック!先程、閉会式が終わりました。

いろいろありましたね。

コロナ感染で、延期になり、ギリギリまで、本当に開催するのだろうかと 多くの方が心配したり、疑問に思ったり・・・

感染者数は、残念ながら増えてしまいましたが、選手の方々が日本を代表して、本当に頑張ってくださいました。

選手の皆さま、関係者の皆さま、そして、医療従事者の皆さま、

ありがとうございました。お疲れさまでした。

今日は、コロナウイルスについて、東洋医学の物差しで見たら・・・

ということを書いてみたいと思います。

大昔から、人類は、細菌やウイルスと戦ってきました。

過去にも、様々な感染症がありました。

その歴史を遡ってみてみますと、人類は、ワクチン接種者や、治療を受けた者だけが、生き残ってきたのではないことがわかります。
 (*ワクチン接種を否定しているわけではありません)

ウイルスに接触し、重症化する人、しない人がいるのは、

やはり、個々の身体に答えがあるのでしょう。

ワクチンは、獲得免疫の考えですが、

私たちの身体は、獲得免疫だけでなく、自然免疫の力も備えています。

感染したとしても、自然免疫の力で身体を守ってくれるのです。

また、粘膜免疫がしっかりしていれば、感染することもないのです。

免疫のお話は、長くなりますので、またの機会にしますね。

東洋医学には「虛に乗じて邪が入る」という言葉があります。

身体が弱ければ、邪(細菌、ウイルスなど)が、身体の中に入ってしまいます。
  (*邪は、細菌やウイルスだけではありませんが…)

邪に負けない身体作り、免疫力と言っても良いと思います。

では、免疫力を高めるにはどうすべきなのか?

それには、腸内環境が大きく関わっていることは医学的にも証明されています。

それを考えますと、やはり食事は大きなポイントになりますね。

身体に必要な食事とは何か?では実際どうすべきなのか?、と問われたら

添加物の多い食事、微生物の力が生かされていない食事、生命のない食事、季節のない食事・・・

それらを見直ししていくことが大切になってくるのではないでしょうか?


東洋医学は、人間は自然の一部であり、身体の中にも自然があると考えます。

季節の野菜や魚介類、そして、微生物の力を生かした発酵食品を利用していくことの意義が見えてきます。

また、動物から命をいただくことに感謝し、その命を生かしていきたいものですね。

ウイルスを避けるだけではなく、ウイルスに負けない身体作りを

この機会にもう一度考えてみませんか?


6FABF530-A941-4C06-A15C-52CA84536B70.jpeg



 


立秋、夏のダメージを受けた身体のお手入れを

世界各国のお茶を飲みながら、世界を旅している気分で、ブログを更新していく4日目です。

4日目は、イギリス、テッドベリーを訪れます。イギリス屈指の紅葉の名所、国立森林公園の紅葉は見事だそうです。

パッケージが、紅葉やイチョウで秋を感じさせますね。お茶は、アールグレーです。
DB275FD1-AE93-403C-86D9-DEE4E7FD9B7B.jpeg
さて、今日は立秋。

暑い暑いと思っていても、暦は、もう秋なんですね。

暦の上では、今日から立冬までが、秋になります。

秋を感じるものって・・・あっ、ここ2,3日、トンボが飛んでいるのを目にしました。

先日、私の漢方の大先生、(お坊さんなんですが、)

暦の話をしている時に、申の頃から少しづつ、陰が産まれてくる・・・と言っていましたが、

これから、陰陽の陰が、少しづつ増えてきますね。

私たちの身体と自然の動きは、リンクしています。

夏のダメージを受けた身体のメンテナンスもしっかり始めましょう。

夏は、暑さ、冷飲食、クーラーで身体を冷やし、胃腸が冷えて水浸しになっている人も多いです。

また、暑さでぐっすり眠れなかったり、遊びすぎたり・・・・

汗と共に失われた津液、津液が失われると血までも、使われます。

お肌がカサカサ、しわしわ、髪の毛に張りや艶が無くなったり、いっきに老けた~なんてならないように

夏の疲れは、早い対処が肝心ですね。
9139422C-26E7-4D6C-BA9C-DA10287FE3AC.jpeg



シルクロードを渡ったスパイスに想いをはせて


世界各地のお茶を飲みながら、ブログを更新していく3日目です。

今日は、スリランカのセイロン紅茶、マータレー。

マータレーは、スパイスの産地で知られる小さな町だそう
 .ACBB2E1A-A279-4FF6-B817-6BE0AAF8457B.jpeg E92782BC-B0CB-4949-B8B7-61D1CE3C212E.jpeg

ターメリック色のパッケージに描かれているイラストは、ナツメグ、クローブ、カルダモン、シナモン、スターアニスなど。

実は、漢方薬の中にもいろいろなスパイスが入っています。

ナツメグは、甘い刺激性の香りが肉料理に使われたりしますね。ハンバーグに入れている方が多いかもしれませんね。

から使われているとも言われます。漢方薬では、肉荳寇(ニクズク)と言われ、胃腸を温めて下痢などを治す芳香性健医薬で、

太田胃散やパンシロンなどにも入っています。

クローブは、歯医者さんの匂いとも言われる独特な香りです。この香りは、オイゲノールという精油成分です。

オイゲノールには、抗炎症、殺菌、鎮痛、局所麻酔作用があり、歯科医院でも使われています。

漢方薬では、芳香性健医薬、開鬱、鎮吐、鎮静薬として使われます。

カルダモンは、香りの王様とかスパイスの女王と呼ばれるほど、古くからある有名なスパイスです。

漢方薬としては、白豆寇(ビャクズク)と言われ、消化器の不調改善、駆風薬、咳痰を抑える効能があります。

シナモンは、あの独特な香りで、シナモンスティック、シナモンティー、シナモンロールなどおなじみですね。

漢方薬では、桂枝茯苓丸、桂枝湯など聞いたことがあると思いますが、桂枝で、発汗、消炎作用などがあります。

スターアニスは、形が星みたいでかわいいですよね。漢方薬では、八角と呼ばれ、お腹を温め、冷えによるお腹の痛みを取ります。

インフルエンザの治療薬タミフルは、八角が原料になったと言われます。

ハーブ、スパイス、漢方薬がラクダの背中に乗せられ、シルクロードを渡ったという話に心惹かれ、

その光景を想像して、ワクワクしていたことを思い出しました。

今日の夕食は、スパイスたっぷりのカレーにしようと思います。





牛黄の力

世界のお茶を飲みながら、ブログを書いています。

今日は、インドのアッサム紅茶です。

ミルクにも合う、豊かなコクと甘みのお茶と書いてありますが、ストレートで楽しみました。

2B6626FB-90BE-4358-9644-67E8E9157355.jpeg7B3E4571-ADEB-4DEE-A19B-BC5C76E0A8F8.jpeg

2日目のブログは、動物生薬 牛黄について書いていきます。

牛黄は、5年ほど前の夏の終わりに 脳梗塞で救急搬送され、半身不随になってしまわれた方に使った忘れられない思い出があります。

詳しいお話は、ここには書きませんが、この方は、牛黄製剤で半身不随も回復され、

その後、マラソン大会に何度も出場し、好タイムで頑張っています。

お医者さんたちには、とても驚かれているようです。

牛黄は、牛の胆のうにできた胆石(結石)で、1000頭に1頭とも言われ、希少性と素晴らしい薬効から

金よりも高価な生薬とも言われます。実際、高いですsweat01sweat01

薬物書の古典『神農本草経』には、命を養う薬と書かれています。

無病息災のお守りの護符の文字は、牛黄を入れた墨によって書かれます。

無病息災の願いを込め、また人間を災いから守ると言われる牛黄。

水戸黄門の印籠の中にも、牛黄が入っていたと言われています。

牛黄の薬効として、

「驚癇寒熱、熱盛狂痙」と神農本草経には書いてあります。

訳すると、驚いて卒倒した者や高熱で痙攣を起こした者、精神異常をきたした者に効く。という意味です。

漢の時代の漢方書には、

子どものあらゆる病気、口も開けないほどの高熱、大人の精神錯など幅広い症状に使え、

長期に渡って服用すれば、寿命を延ばし、物忘れしなくなる。と記されてます。

中医学書を読むと、芳香開竅薬に分類されており、

主な効能として、開竅豁痰、清熱解毒が挙げられ、

高熱や熱病による意識障害、炎症や痙攣、特に脳梗塞などの脳血管障害による意識障害に用いられます。

牛黄の末梢の赤血球数を増価させる働きや、抗酸化作用によると考えられています。

牛黄の薬理作用として

肝臓保護作用、解熱作用、赤血球新生促進作用、血圧降下作用、抗酸化作用、

抗炎症作用、抗ウイルス作用、強心作用、利胆作用、末梢神経障害改善作用、鎮痙作用、鎮静作用

我が家の愛犬が、雷に驚き興奮している時に、牛黄の鎮静作用を期待して使ったこともありました。

わんわん吠えて泣き止まなかった愛犬が静かに寝てくれたことを思い出しました。

我が家は、出かける時には、牛黄製剤がカバンの中に入っています。

漢方の救急薬としても、安全な優れた薬です。
4089FC44-313C-401E-8E88-0E28952124A8.jpeg
*妊婦さんにはお勧めしません。お使いの時は、漢方薬剤師にご相談ください。
*参考文献 救心製薬小冊子牛黄 



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ