• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 2019年12月

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 2019年12月

The Kanpo Reborn 島田 淑子さんの健康法

The Kanpo Reborn のモデルをお願いした 島田淑子さんの健康法をご紹介します。

島田先生流 (600x800) (2).jpg
日本かっさ協会会長・東洋医学ライフクリエイティブ協会会長
島田 淑子さん


簡単な自己紹介と今の自分を教えてください

鍼灸師・美容師・国際中薬前師・調理師
日本かっさ協会会長。東洋医学クリエイティブ協会会長

日本かっさの第一人者
日本で初めてのかっさ書籍『かっさマッサージ』《KKベストセラーズ)を出版、
『魔法のかっさプレート』(永岡書店)は17万部のベストセラーに。

現在はかっさの他に発酵・低糖質・薬膳を使った食事法を提案し
北鎌倉「気流Labo」にて東洋医学を柱とした健康・美容・食などの
研究やセミナー活動を行っている。

 
                             私の健康法(美容法) Sumiko Shimada
            
私が中国の東洋医学の治療法の1つである「刮痧」を
日本で「かっさ」と呼んで紹介してから10年が過ぎました。

10年以上、毎日自分のお顔にかっさを行ってきて
「無駄なものがつかなくなった」と実感しています。
また最近では年なりに老眼が始まっていますが、
かっさは目のためにもとてもいいツールです。

かっさセラピストであり鍼灸師であるので、
外側からのアプローチでみなさんの美容と健康を守っていますが、
やはり外側からだけでは何か足りない気がずっとしていました。

そんな中、自分自身が45歳になった時に「来たか、更年期!」
のような症状に悩まされるようになりました。
具体的には倦怠感、目の痛み、浮腫みなどで、
その頃は玄米中心で野菜と魚という食事をしていましたが、
食事で体調を立て直そうと3食チキンと玄米を食べれば食べるほど
体調は悪くなり、浮腫みもひどくなって、ついには去年の夏に履けていたパンツが
履けないほどになってしまいました。

その時に食事を抜本的に見直そうと思って出会ったのが
「低糖質(糖質オフ)」と「発酵」です。

まずは主食を抜く食事を2週間きっちりやってみたところ、
どんどん余分な水が抜けて、なんと1週間目には
履けなくなっていたパンツが履けるようになってしまったんです。

もともと身体に水を溜め込みやすい「水毒」タイプで、この水との戦いは
一生のライフワークだとさえ思っていたのに,あっさり1週間で改善!

倦怠感や夕方の低血糖症状も改善して、
この時からゆるゆるとですが低糖質の食生活を心がけています。
また同時期に始めた発酵も今ではハムやベーコンを無添加で発酵させて
つくれるようになったりと楽しんで取り入れています。

東洋医学が専門なのでもちろん薬膳は大切なものとして
勉強もしましたが、東洋医学的な診たてのスキルが必要なので、
一般の方々が生活にすぐ取り入れるには少し難しいのかな 
と思っています。

また腸内環境が悪く栄養が取りこめない人は
低糖質がすぐにはスタートできない場合もあることもわかってきたので
今では発酵を食の入り口にして、段階的に低糖質を取り入れていただくよう
指導をしています。
 
外側からも内側からも美しく、健康に。

東洋医学を柱にした暮らしの提案で
これからもみなさまのお役に立てたら嬉しいです。

img071 (480x340).jpg



 

獣医さんにあと1週間の命と言われた猫の治療

ネコの漢方治療のはなしです。
image1.jpeg
(元気だった頃の花八)


9月中旬に、北海道からネコの漢方相談がありました。

友人の猫です。友人は、野良猫を保護して、家族として可愛がっていました。

保護した時は、成猫だったのではっきりした年齢は分かりませんが、

友人の話では、12~13歳位だそうです。

友人の猫の病名はリンパ腫で、腎臓の値も悪く、

9月に獣医さんより、『あと1週間の命」と言われたそうです。

「せめて、今年いっぱい生きて欲しい。漢方薬を送って欲しい。」との連絡があり

9月23日より服用を始め、

9月26日のメールには、こう書いてありました。

花八(ネコの名前)は、一昨日まで、ご飯も食べないし、下痢が続いて、ほとんど動かず、
ベッド下に潜り込んでいました。が
●●●を1日3回飲ませはじめてから、ごはん(カリカリ)を少しだけど食べるようになり
動けるようになりました。
気分が良い時は、家の中をウロウロしています。
昨日は、カリカリをまた少し多めに食べていました。
どんどん痩せてしまって、もう天国は近いと覚悟していましたが、少し持ち直したようです。
それでも、大半は寝ていますが。

●●●のお陰か、今日は下痢も止まって、吐いてもおらず、奇跡!と思います。
動物病院の医者にも、匙を投げられてしまった感じ(もう十分頑張ったし・・・もう連れてきても仕方ない・・・)
でしたが、●●●で少し力が付けばいいなと思います。

漢方すごい!

image0.jpeg

(●●●で動けるようになった花八)

その後も、家の中をウロウロ歩き、友人が朝起きてくると、「にゃぁ~」と言ってくれるようになったと

喜んでいました。

爪とぎをしたり、キャットタワーに上ったりもできるようになったそうです。

命をつないだ●●●の効果に、友人が驚き、こんなに良い物なら家族みんなで服用したいとまとめて注文も入りました。

「残り1週間の命と言われた花八を、最終コーナーかもしれないけど、

少しでもおだやかに過ごさせてやりたいです。」


とメールをもらってから、約3か月、結局一昨日 花八は旅立っていきましたが、

吐き気と下痢で、食事もできず動けなかったのが、

吐き気と下痢が止まり、カリカリも食べれるようになり、

友人ともう一度ゆっくりした時間を過ごせたことは やはり●●●が命を少しでも繋いだのだろうかと思います。

猫の約3か月は、人間の何年か分にあたるかもしれないと言われました。

昨日友人から来たメールです。

花八が昨日逝きました。
9月に絶不調になって、●●●を飲み始め、一時は小康状態を保っていましたが、
12月に入ってご飯を食べなくなり、●●●だけで、命をつないでいたようなもんです。
さすがに激やせで、昨日、力尽きました。
9月に死んでいたかもしれないのに、貴重な3か月をプレゼントしてもらい、
覚悟もできました。
●●●の力です。
本当にありがとうございました。


 (*メールの公開は、許可を得ています。)

今回、使った●●●は、友人の猫の命の炎を強くして延命させようと選びました。

漢方薬局には、獣医さんで「もうやることがない」と匙を投げられたような相談が多いです。

今までも、何匹も動けなくなった犬や高齢犬の相談を受け、漢方薬を使ってきました。

動けなかった犬が、もう一度散歩に行けるようになったり、

ペット霊園まで探し、このまま死んでしまうと覚悟した犬が生き返ったと喜ばれたこともあります。

ただ、私ができたことは、延命です。

命にかかわる病気を全快させたり、何年も延命することは難しいです。

半年ほど延命し、もう一度散歩をしたり、家族との時間を過ごしたりということはあります。

友人の 「貴重な3か月をプレゼントしてもらい、覚悟もできました。」

という言葉が、心に響きました。


1

« 2019年11月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ