• 24時間WEB予約
  • 診療サポートシステムLunaLuna

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 西の魔女のつれづれ

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 西の魔女のつれづれ

ライオンのおやつ

先日、NHK BSで、ライオンのおやつの最終回を見た。

これは小川糸さんの作品をドラマ化したもの。

第一回目でその内容に感激し、毎週楽しみにしていた。

これは人生最期を迎えるに相応しいホスピスで過ごすお話し。

そのホスピスは、瀬戸内海に浮かぶ美しい島にある。

ホスピスで一緒になった仲間と、そこで美味しい料理を頂き、週1回のそれぞれの思い出を

再現したおやつを楽しむ。

外出も自由で、美しい島に住む人々、自然に癒される。

最期を迎える人々を暖かく見守りお世話をするホスピスの人々、ボランティアが

彼らの生活を支えている。

そして、死に向かう者は、ホスピスで過ごす事で、自分の人生を肯定し、それを見つめ直し、改め


最後まで生き切って、生涯を閉じる。それが短いものであっても。

 良い旅を…最後にマドンナ(ホスピスの経営者) が優しい笑みで、心のこもった言葉をかけるのが、

印象的だった。

死は終わりではなく次のステージへの旅立ちなのだから。

ドラマも良かったけれど、是非原作も読んでほしい、悲しいけれど、心を揺さぶられる作品。

1E0F599B-B625-4DA2-B46A-95148C6E9AC8.jpeg







 


1

« 漢方相談あれこれ | メインページ | アーカイブ | 魔女修行 »

このページのトップへ