• 24時間WEB予約

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > 東魔女 > 2ページ目

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ 東魔女 2ページ目

今日は、一年で一番夜の長い日です。

写真 2.JPG
今日は、冬至だという事を忘れていました。

友人から「冬至だからゆず湯に入るでしょう?」と ゆずのプレゼントをいただきました。

今日は、1年で一番、昼が短く、夜が長い、冬至。
陰陽で考えると、陰が極まり、再び陽に帰る日という意味もあります。
一陽来復と言って、この日を境に運も上昇するとされています。

ゆず湯に入るようになったのは、江戸時代とも言われていますが、
あのゆずの香りが、邪を払うと思われたようです。
また、一陽来復に備えて、身を清めるという意味もあるようです。

また、冬至を 湯治と語呂合わせしたという説もあります。

いずれにしても、あの香りで ゆっくりとお風呂につかりたいですね。

ゆず湯の効能として、冷えや腰痛、美肌効果なども言われています。

また、「ん」がつくものを食べて、運気を上げるという言い伝えもありますので、
私は、お昼に にんじん、ビーン、レモングラスティー(?)をいただきましたwink

小豆と南瓜(かぼちゃ)を煮て食べる風習もあります。

夕食に作ってみましょうか・・・・

美容のための漢方ドリンク

瓊玉ガール.PNG
昨日は、桃仁のクリスマスxmasパーティーでした。

一品持ち寄りのポトラックパーティーで、集まったお料理は、22品!!
それも、素材やオーガニック、低糖質のデザートなど、オーガニックレストランもビックリ(^o^)
の内容でした。

集まってくれた皆様は、桃仁開局から{漢方ドリンク」を飲まれている方々。

みなさん、元気でお若く、美しいですlovely

私が、長年考えている 美しくいるための漢方ドリンクbar実践者の皆さんです。

大学時代から、「漢方と美容」が私の研究テーマ(勝手にそう決めてます(^_^;))

私のバイブル 「医心方にみる美容」という本には、美人になる方法、肌のトラブルの治療、
髪のトラブルの治療や髪と身体の手入れや食べ物と美容などが書かれています。

その他にも、「西太后の不老術」や「美肌・漢方塾」等 何度も読み、漢方ドリンクのアイディアが
浮かびました。

漢方美容本.JPG

昨日、こんな会話が聞こえてきました。

「ここにいる誰も、体調悪いって言わないよね~」

それを聞いて、本当にうれしかったです。
私の考えている 「未病のうちに・・・・漢方ドリンク」が、効果を現しているのでしょうか。

これからも、皆さんの 美しさと健康のお手伝いをしていきますねlovely

漢方ドリンク

未病のうちに

勉強机.JPG

こんにちはvirgo ばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

今日、2年前より、夫婦でご来店の相談者さまがいらっしゃいました。
2年前は、奥様の体調不良の相談でしたが、何度か来店され、ご主人も未病のために
漢方ドリンクを服用されています。

肝機能の数値と中性脂肪が、いつも 健康診断では引っかかっていたそうですが、
今は、「オールA!!」と喜んでいられます。

桃仁に相談に来られる方の中には、長年患っている病気の相談だったり、
脳梗塞の後遺症や がんの方など、しっかりとフォローしながら、
漢方薬を長く服用されている方も少なからずおります。

私が、しっかり取り組んでいきたいものに 「未病のうちに・・・・」
という養生的な漢方ドリンクの提案があります。

漢方薬の材料の生薬は、上薬、中薬、下薬に分かれます。
薬物365種について書かれた「神農本草経」には、上薬は、命を養う薬で、
無毒、不老延年を欲する者は、上薬を服用せよ。
と言うようなことが書いてあります。
上薬は、食べ物に近いものです。

中薬、下薬は、病気を治すが、使い方、使う期間を注意しようというようなことが書かれています。

桃仁の薦める 「漢方ドリンク」は、基本的に上薬のドリンクです。
(その方によっては、中薬・下薬も使うこともありますが・・・)

今日いらした方も、上薬のドリンクを服用続け、気がついたら、
検査値がオールA になっていた方です。

未病のうちに、身体を守り、整えることができれば・・・と常々思いながら、
私も机の上には、「マイ漢方ドリンク」を置き、ちびちび飲みながら、
本を読んだり、調べ物をしたりしています。


女性のための漢方ドリンク

こんにちはwink ばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

桃仁に相談にいらっしゃるこんな方に、あなたのための漢方ドリンク」が、喜ばれています。
 病院での検査値には特に問題がないのだけれども、体調不良という方
 冷えが気になるという方
 疲れやすく、元気が出ないという方
 生理不順、生理痛、PMSで悩んでいる方
 パソコン作業で、肩こり、眼の疲れが気になる方
 胃腸が弱く、下痢をしやすい方
 気持ちが落ち込みやすく、眠れない方
 更年期で悩まれている方 
 アンチエイジングに良いものをお探しの方
 抜け毛、白髪、髪の毛の艶を改善したい方
 肌を美しくしたい方      etc.

その方の悩みに合わせて、飲みやすい漢方ドリンクを お勧めしています。

漢方ドリンクは、あなたに合わせてのオリジナルです。

マイカップに入れて、少しずつ飲んでもらっていますが、
元気になった!肌がきれいになった!髪の毛に艶が出てきた!
生理不順が良くなった!冷えが無くなった!目の疲れが無くなった!
などの喜びの声が届いています。

お客様の声にも、喜びのコメントが掲載されています。

漢方ドリンク2.JPG

クリスマスでお迎え

桃仁ドア1.JPG

今日は、風の強い寒い日になりました。

冷えや 寒さのために体に力が入って、肩こりなど起こしていませんか?

風の中、ドアにガーランドを飾りました。
クリスマスまであと3週間。

桃仁では、オリジナルの体を温める漢方ドリンクが、皆さまに好評です。
漢方ドリンクは、その方に合わせて、ご用意していますので、ちょっとした不調や
この冬を風邪などひかずに元気に過ごしたい方など、お声かけください。

今日も、「美味しくて、驚きました。」とのコメントをいただきました。

あなたの体に合わせて、ご用意しますね。

桃仁ドア3.JPG

「美・エイジング attractive aging」

こんにちはconfident ばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

今日、母(北の魔女)の 86歳の誕生日です。 プレゼントに年の数だけのばらを送りました。

オオママばら (320x240).jpg
母は、特に病気もなく、元気に暮らしていますが、母には、桃仁風アンチエイジング(美・エイジング attractive aging)をしています。
補腎と 気血水を巡らせて・・・・(この話は、またの機会にconfident

常々 アンチエイジングと言う言葉ではなく、もっと年を重ねることの素敵さを現す言葉がないかなぁ~と思っていました。

エイジングは、 熟成する と言う意味もあります。
時間をかけて、ゆっくりとワインのように 作り出していくイメージです。

桃仁では、年を重ねる素敵さを サポートしていこうと思います。

健康で、イキイキと輝いてもらう お手伝いです。

美・エイジング(attractive aging)をひとつの柱として 活動していきます。

こちらも、美・エイジング

オオママ (239x320).jpg

Happy Halloween!!

kodomo (320x240).jpg
漢方薬局 桃仁は、何故か、HALLOWEENに張り切っちゃうんです。
今日は、近所の可愛い子供たちも、「トリック オア トリート」と周ってきました。



facebookでは、動画も見れますので、見てくださいね。
http://www.facebook.com/kanpu.tounin


halloween2 (640x478).jpghalloween5 (640x478).jpghalloween9 (480x640).jpghalloween12 (480x640).jpghalloween10 (480x640).jpghalloween11 (480x640).jpghalloween14.jpg

美加(ピカ)っとエイジング

ばらの咲く 漢方薬局 桃仁 です。

先月、友人と共に 「Advanced Style」の映画を 観てきました。

Advanced Styleは、ニューヨークの60代以上の素敵な女性の写真を紹介したブログが、本になったものですが、
どの方もおしゃれで、個性的で、輝いています。
年を重ねることの素敵さを 感じさせてくれる 魅力的な本です。advanced style1 (436x640).jpg

その本の中の7人の女性が、取り上げられドキュメンタリー映画になりました。

アンチエイジングで、漢方薬を服用したいとの相談を受けることも多いのですが、アンチではなく、年を重ねることを前向きに受け止め、益々美しくなって欲しいと思います。
若くて美しいより、年を重ねて美しい方が、ずっと素敵だと思いませんか?

桃仁では、アンチエイジングではなく、美を加える 「美加っとエイジング」でいきたいと思います。

不老長寿を求めた皇帝や皇室の女性や名門家の貴婦人達が、美容のために飲んでいた漢方薬があります。

若く綺麗で、健康でいたいという思いは、古今東西、変わらないのでしょうね。          



ブログが引っ越しました。

こんにちはhappy01  下野市 ばらの咲く 漢方薬局 桃仁 です。

アメブロから、ここに引っ越しました。

新しいブログは、『漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ』です。

双子の薬剤師が、薬草を使って、皆さまの健康や美容のお手伝いをしたいと思います。
tounin_173 (640x427).jpg
昔から、魔女は、薬草の知識を持ち、自然の声に耳を澄ましながら、病める人々の治療をしてきたと言われます。
魔女は、薬剤師の始まりとも言われることがあります。

漢方薬は、ほとんどが薬草です。もちろん、鉱物や昆虫、動物なども、漢方薬の材料(生薬)になりますが・・・・・

昔話の魔女達も 大きな鍋に昆虫や薬草を入れて、ぐつぐつ煮ていたのですから、薬草だけではなく、鉱物や昆虫、動物も使っていたのでしょうね。

漢方相談では、季節を考えたり、その方が置かれている環境を考えたりしながら、漢方薬を決めていきます。

自然の声を聴くことは、相談の中でも大切なことです。春の風や、梅雨の湿気、夏の暑さ、秋の乾燥、冬の寒さなども、体には大きな影響を与えますので・・・

これからのブログは、妹「西の魔女」と共に書いていこうと思います。

妹(西の魔女)は、アロマ・ハーブにも詳しく、薬膳やマクロビィオティックなどの知識もありますので、ブログの中でも役に立つことなどを発信してくれると思います。

また、私たちを育てた母が、北の魔女として、時々、ブログをアップする予定です。

どうぞ、これからも、桃仁の薬草魔女ブログ よろしくお願いいたします。

漢方薬局 桃仁のホームページが公開しました。

tounin_016.JPG

<<前のページへ12

« 最近の話題から | メインページ | アーカイブ | 西魔女 »

このページのトップへ