• 24時間WEB予約
  • 診療サポートシステムLunaLuna

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > 漢方薬局 桃仁より > 医は仁術と教えてくれた父のこと

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ

< 長年、細菌、ウイルスと戦ってきた東洋医学  |  一覧へ戻る  |  大きなお腹の妊婦さん、ベビー誕生までもう少し >

医は仁術と教えてくれた父のこと

世界各地を旅している気分で、各地のお茶を飲み、ブログを書いています。

今日は、台湾の台中、茶葉にお湯を足しながら、一煎目、二煎目、三煎目と 白桃烏龍茶を味わっています。

甘い桃の香りのするお茶をいただきながら、父のこと思い出して書いています。

茶器は、中国茶を楽しむ 桃の模様を選びました。
B1653A13-2721-4097-A136-4E6C6B00FC96.jpeg 7D272710-E1EF-4211-9DEB-4B63D1AD7B11.jpeg



桃は、桃仁の名前にもありますが、私が店名を桃仁にしたのは、父の想いを引き継いでいこうと思ったからです。

父は、患者さん思いの優しい医師でした。

もともと、病弱な父は、病の辛さも良くわかっていたのでしょう。

患者さんの病気だけを見るのではなく、その人を一人の人間としてみる医者でした。

私に良く語っていたことは、

「医者は大したことはできないんだよ。ただその患者さんが治ろうとする力に手を貸してあげるだけなんだよ。」

また、重病の患者さんを診察することが多かった父は、

「医者は、その人にとって人生で一番最後に出会う人になるかもしれない。だから、人格者でなくてはね・・・」と

私に教えてくれました。

父が亡くなった日、父が務めていた総合病院では、

患者さんたちが、「先生が帰ってきた。先生の足音が聞こえた。」とざわめいたそうです。

父は、革靴をキュッキュと鳴らして歩く癖がありました。

父が亡くなった朝、病院内には父の靴音が響いたのでしょうか?

父のお葬式の時も、ひとつのお寺には入れきれず、2か所のお寺で行われたのですが、

それでも、父を思い、手を合わせる人が、何処からか次々とやって来ました。

こんなお葬式は見たことがないとも言われました。

そんな父は、仁に厚い 「仁厚院○○○」と父らしい戒名をつけて頂きました。

我が家には、「医は仁術なり」の額がかけられていて、

小さい頃から、仁の字はなじみ深いものでもありました。

「仁」の字が入った生薬、「桃仁」を店名にしたのは、

父のように 患者さん、その人をしっかり見ていきたい。という想いからでした。

父が亡くなった日も、今日のように暑い暑い日でした。

254294F0-870F-4C2F-AA67-38B55FA4E7C9.jpeg





カテゴリ:

< 長年、細菌、ウイルスと戦ってきた東洋医学  |  一覧へ戻る  |  大きなお腹の妊婦さん、ベビー誕生までもう少し >

同じカテゴリの記事

大きなお腹の妊婦さん、ベビー誕生までもう少し

世界各地を旅する気分で、各地のお茶をいただき、ブログを更新しています。

今日は7日目。

選んだお茶は、滋賀県 信楽の熟成ほうじ茶です。

信楽は、信楽焼の町で、たぬきの愛嬌たっぷりの置物は有名ですよね。
76B4107B-444D-4080-8699-F605C350E9B9.jpeg

今日は、来月出産予定のプレママさんが、大きなお腹を抱えて出産前の相談に来店されました。

不妊相談の方が、妊娠され、無事出産されるまでのサポートが私の仕事です。

大きなお腹は、幸せの象徴ですね。

651195D1-9D95-4E9D-AFAF-4D1FC7109C9C.jpeg

この大きなお腹では、双子ちゃんが、出産の日を待っています。

実は私も双子で、片割れの妹も薬剤師です。

このベビーちゃんたちは、なんと私の誕生日頃が予定日です。

以前、5回目の胚移植後に不妊相談にいらした方がいました。

その方は「今回もダメだと思う。」と意気消沈していました。

漢方薬と食事指導、特にストレス軽減のアドバイスを続けました。

その方は、双子が欲しいとの希望でしたので、

双子のお姫様の名前がついたバラをプレゼントしたり

双子の私から双子パワーを送っていました。

漢方薬局 桃仁に通って頂き、4ヶ月が過ぎた妊娠判定の日

その方は、病院から一番初めに 私に妊娠の連絡をくださいました。

「希望の双子ちゃんではないけれど、すごく嬉しい」と涙ぐんでいたことを思い出します。

それが、なんと次の診察日に、「双子ですよ」とドクターから告げられ、

興奮して私に連絡をくださいました。

「やっぱり、先生は、魔女だと思う」と…

魔女は、薬剤師の起源などと言われることから、

ブログには、私たち双子の薬剤師を 「東の魔女と西の魔女」として紹介させていただいていますが

私の力で、双子になった訳ではないでしょうが、ちょっと、ワクワクしました。

そして、今日のプレママさんからも、妊娠の報告を頂き暫くしてから、相談があると言われ

妊婦検診で通っていた病院が、大きな総合病院に変わったので、

どうしたのかしら?と気になりながら、来店をお待ちした日

「実は、双子だったんです。だから〇〇病院に転院になりました。」と告げられました。

「お腹のベビーは双子だし、先生のお誕生日頃が予定日なんて、

「先生は、やっぱり魔女です。」と言われたことがありました。

これからも、漢方薬局 桃仁では、双子の出産が続くのでしょうか?

そんなことが続いたら……私は、魔女⁇ 

さて、来月、私の誕生日に生まれてくるかしら?

わくわくしながら、双子ちゃんの誕生を待ちますね。



長年、細菌、ウイルスと戦ってきた東洋医学

世界各地のお茶を片手に、世界中を旅する気分で、ブログを書いています。

今日は5日目。

選んだお茶は、緑茶にベリーを加えた日本のお茶です。

パッケージには、TOKIOと書いてあります。

B8D34965-5101-4B8B-9512-8409B67F83AC.jpeg

東京、そう、東京オリンピック!先程、閉会式が終わりました。

いろいろありましたね。

コロナ感染で、延期になり、ギリギリまで、本当に開催するのだろうかと 多くの方が心配したり、疑問に思ったり・・・

感染者数は、残念ながら増えてしまいましたが、選手の方々が日本を代表して、本当に頑張ってくださいました。

選手の皆さま、関係者の皆さま、そして、医療従事者の皆さま、

ありがとうございました。お疲れさまでした。

今日は、コロナウイルスについて、東洋医学の物差しで見たら・・・

ということを書いてみたいと思います。

大昔から、人類は、細菌やウイルスと戦ってきました。

過去にも、様々な感染症がありました。

その歴史を遡ってみてみますと、人類は、ワクチン接種者や、治療を受けた者だけが、生き残ってきたのではないことがわかります。
 (*ワクチン接種を否定しているわけではありません)

ウイルスに接触し、重症化する人、しない人がいるのは、

やはり、個々の身体に答えがあるのでしょう。

ワクチンは、獲得免疫の考えですが、

私たちの身体は、獲得免疫だけでなく、自然免疫の力も備えています。

感染したとしても、自然免疫の力で身体を守ってくれるのです。

また、粘膜免疫がしっかりしていれば、感染することもないのです。

免疫のお話は、長くなりますので、またの機会にしますね。

東洋医学には「虛に乗じて邪が入る」という言葉があります。

身体が弱ければ、邪(細菌、ウイルスなど)が、身体の中に入ってしまいます。
  (*邪は、細菌やウイルスだけではありませんが…)

邪に負けない身体作り、免疫力と言っても良いと思います。

では、免疫力を高めるにはどうすべきなのか?

それには、腸内環境が大きく関わっていることは医学的にも証明されています。

それを考えますと、やはり食事は大きなポイントになりますね。

身体に必要な食事とは何か?では実際どうすべきなのか?、と問われたら

添加物の多い食事、微生物の力が生かされていない食事、生命のない食事、季節のない食事・・・

それらを見直ししていくことが大切になってくるのではないでしょうか?


東洋医学は、人間は自然の一部であり、身体の中にも自然があると考えます。

季節の野菜や魚介類、そして、微生物の力を生かした発酵食品を利用していくことの意義が見えてきます。

また、動物から命をいただくことに感謝し、その命を生かしていきたいものですね。

ウイルスを避けるだけではなく、ウイルスに負けない身体作りを

この機会にもう一度考えてみませんか?


6FABF530-A941-4C06-A15C-52CA84536B70.jpeg



 


立秋、夏のダメージを受けた身体のお手入れを

世界各国のお茶を飲みながら、世界を旅している気分で、ブログを更新していく4日目です。

4日目は、イギリス、テッドベリーを訪れます。イギリス屈指の紅葉の名所、国立森林公園の紅葉は見事だそうです。

パッケージが、紅葉やイチョウで秋を感じさせますね。お茶は、アールグレーです。
DB275FD1-AE93-403C-86D9-DEE4E7FD9B7B.jpeg
さて、今日は立秋。

暑い暑いと思っていても、暦は、もう秋なんですね。

暦の上では、今日から立冬までが、秋になります。

秋を感じるものって・・・あっ、ここ2,3日、トンボが飛んでいるのを目にしました。

先日、私の漢方の大先生、(お坊さんなんですが、)

暦の話をしている時に、申の頃から少しづつ、陰が産まれてくる・・・と言っていましたが、

これから、陰陽の陰が、少しづつ増えてきますね。

私たちの身体と自然の動きは、リンクしています。

夏のダメージを受けた身体のメンテナンスもしっかり始めましょう。

夏は、暑さ、冷飲食、クーラーで身体を冷やし、胃腸が冷えて水浸しになっている人も多いです。

また、暑さでぐっすり眠れなかったり、遊びすぎたり・・・・

汗と共に失われた津液、津液が失われると血までも、使われます。

お肌がカサカサ、しわしわ、髪の毛に張りや艶が無くなったり、いっきに老けた~なんてならないように

夏の疲れは、早い対処が肝心ですね。
9139422C-26E7-4D6C-BA9C-DA10287FE3AC.jpeg



夏の漢方薬で身体を守る

30種類の世界各地のお茶を詰め合わせた「THE BOOK OF TEA」を楽しんでいます。



世界各国のお茶を味わい、その国の風景や音を連想しながら、漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログを書いていこうと思います。

旅のはじまりは、南インド ニルギリの紅茶のブロークンタイプのブレンドです。

旅のはじまりを連想するパッケージには、トランク、帽子、お気に入りのテディベアが描かれています。


      

470A3E9F-3DF0-4AD5-B62D-0499999D8627.jpeg

さて、今日のお話は、  夏の漢方薬で身体を守る です。

この暑さの中にいると 身体はオーバーヒート状態になります。

また、冷飲食物やクーラーによる冷えから起こる胃腸障害、夏の細菌性胃腸炎などもあります。

疲れやすく、食欲がない、胃腸の調子が悪い、

頭痛、めまい、けいれん、悪心、血圧下降、失神など、いろいろな症状が現れます。

① 疲れやすかったり、息切れがする、汗が止まらないなどの熱中症の症状の時は、汗で失った体液を補い、元気の気を補う漢方薬などを使います。

② 熱中症も、意識障害、けいれん、高熱など、症状が激しくなると、動物生薬の牛黄、センソなどの漢方薬を使います。

③ 暑さに湿邪が加わり、微熱が続いたり、四肢がだるい、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状を伴う感染症を起こすこともあります。
嘔吐、下痢を抑え、抗菌性の生薬配合の漢方薬を使います。

④ 冷たいものの食べ過ぎやクーラーによる冷えで、悪心嘔吐、下痢、四肢がだるいなどの症状を起こすときに使う漢方薬もあります。

この様に 夏の漢方薬は、便利に使えるものがいろいろあります。


【熱中症予防に使った例】

*暑い夏の日の犬の散歩後、愛犬と一緒に私も、失った体液を補い、汗と共に失った気を補うために服用した漢方薬があります。

生脈宝(生脈散に黄耆を追加)を500mlのペットボトルに2回分を溶かし、服用しました。

ぐったりしていた愛犬もあっという間に元気になったことがあります。

お年寄りや暑い中で働く方には、ペットボトルに溶かしてこまめに飲むことをお勧めしています。

疲労感もなく元気でいられると喜ばれています。

ドリンクタイプ50mlの 五苓黄解も 畑仕事、外での仕事、またスポーツ前などに服用してもらっています。

*暑い夏の日、自転車で漢方薬局 桃仁にいらした若い男性が、赤い顔で、息も荒く、座り込んでしまったことがありました。

その時、首やわきの下を冷やし、冷やしておいた五苓黄解をその場で服用してもらい、回復したことがありました。



暑さのため、血管から水分が出て、血液ドロドロ状態になると、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高まります。

命の危険も出てきます。こんな時に使われる牛黄やセンソ製剤は、命を守る救急薬にもなります。

夏の漢方薬、気になる方は、ご相談ください。

E527002C-CCF6-44B3-B6E4-28C679EAB514.jpeg








今年は、ウイルスに負けない身体、心で

明けましておめでとうございます。

IMG_3235.jpg

2021年が始まりました。
 
明るい輝く1年になって欲しいと祈るばかりですが、
 
今日は、1都3県知事が、政府に緊急事態宣言を要請したというニュースが入ってきました。
 
人と会うことが難しいお正月を迎えるとは、1年前には考えてもみなかったことです。
 
手洗い、アルコール消毒、マスク、密を避ける 等々
 
多くの方が実践していることです。
 
これは、体外からの感染を防ぐ方法ですが、
 
体内からできることにも しっかり目を向けて欲しいと思っています。
 
東洋医学では 「虚に乗じて 邪が入る」 という言葉があります。
 
邪とは、 風、寒、湿、燥、火の六淫と疫癘の気など、外部から侵入する発病要因を指す。(中国漢方医語辞典より)
 
簡単に言うと、寒さや暑さや湿気などの環境も邪であり、ウイルスなども邪です。
 
コロナウイルスも、立派な邪です。
 
虚に乗じて邪が入る とは、弱い身体や心は、邪に侵入されやすいという事です。
 
だから、体と心を強くしておく必要があるのです。
 
その方法は、人により違ってきますが、
 
 
 
体が冷えていたり、胃腸が弱く食べたものをしっかりと消化吸収することができなかったり、
 
腸内環境が悪かったり、風邪をひきやすかったり・・・・
 
自分の弱いところを強化していくことは、邪に負けない身体つくりになります。
 
負けない身体と負けない心は繋がっています。
 
身体が強くなれば、心も強くなり、心が強くなれば、身体も強くなります。
 
今年は、邪に負けない  身体・心作りですね。
 
      
        *漢方薬局 桃仁では、その方に合わせた身体つくりをお手伝いします
 

このページのトップへ