• 24時間WEB予約
  • 無料相談

漢方薬局 桃仁

0285-40-5030

営業時間
11:00〜19:00
(電話相談は12:00〜)

定休日
日・月・祝日(盆・正月休み有)

〒329-0433
栃木県下野市緑3-18-1

JR宇都宮線 湘南新宿ライン 自治医大駅下車、東口より徒歩8分
MAP
プロフィールブログ
プロフィールブログ

HOME > 漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ > アーカイブ > NHKあさイチから

漢方薬局 桃仁の薬草魔女ブログ NHKあさイチから

薬草魔女のクリスマスの準備

先週のNHK「あさイチ」で フラワーアーティストの川崎景太さんが、 紙とジッパー付保存袋を使ってのフラワーアレンジを披露していました。

朝の忙しい時間なので、じっくり見ることはできなかったので かなり、私なりにアレンジしているかもしれませんが、ちょっとやってみました。

① 堅めの紙を二つ折りにして、片面に両面テープを貼り付けます。
201612075 (640x480).jpg

② ジッパー付保存袋を貼ります。
201612074 (640x480).jpg

③ ジッパー付保存袋に水を入れ、花を挿します。
201612076 (640x468).jpg

手元にあった、セブンイレブンのチラシを使って作るとこんな感じです。
201612073 (640x480).jpg

201612071 (640x480).jpg 
グリーンの厚紙に クリスマスのマスキングテープを張るとこんな感じ。

ジッパー付保存袋って、いろいろ工夫すると、花器にもなるんですね。

今年は、庭のクリスマスホーリーが、たくさん赤い実をつけてくれたので、この季節のアレンジに使いたいと思います。

生活不活発病について

kaigo_barrier_free.png
今朝11月2日のNHKのあさイチで放送された 生活不活発病。

読んで字のごとく、生活が不活発になることで、引き起こされる病気ということです。

若い方からお年寄りまで、広く起こりえる病気ですが、高齢者においては回復が難しいために、特に問題になります。

動きにくい」から、「動かない」、そして、「動けない」 に進んでいく、生活不活発病。

災害を契機として起こる生活不活発病や、高齢者に起こる生活不活発病などが、特に問題になっているようです。

今日の話題は、最近家事をあまりしなくなった高齢者についてでした。

年を取ると、ついつい億劫になってしなくなり、家事をしないことで動きが少なくなり、そして動かなくなることで、最終的には動けなくなる。

この悪のスパイラルから抜け出すために、その方の興味のあることを見つけ出し、楽しく過ごすことにより、出かけるようになったり、動くようになったり、また、家事がしやすい家具や家事道具のレイアウトだったり、ちょっとした工夫でした。

私も、以前に比べ、家事や外出など少なくなくなった母を心配していたので、興味深くテレビを見ていました。

年を取れば、動きが少なくなるのは当然ですが、楽しい事、興味あることを続けてもらうような環境作りが大切だと実感しました。







9/13NHKあさイチで紹介されたシミに効く クコの実

今朝、NHK「あさイチ」で、『スーパーフード会の女王 ゴジベリー』が紹介されていました。
goji1.JPG

ゴジベリーってあまり聞いたことがないと思います。
なぜなら、日本では、クコの実と呼ばれていますから・・・・

NY女子のビューティフルライフには、欠かせないゴジベリーだそうです。
お茶にしたり、シリアルやナッツに混ぜて食べているようです。
goji4.JPG

桃仁では、くこをブレンドした 薬草魔女茶は、ちょっと人気がありますし、
酵素カフェ(今まで4回ほど開催)でも、酵素に漬けたクコが人気です。

桃仁のクリスマスシュートレンにも入っています。

クコの実(ゴジベリー)を長く摂取すると、紫外線に強い体質になってくるので、最終的にはシミになりにくい体質になるそうです。(NHKあさイチ)
goji2.JPG 
goji3.JPG

夏を過ぎた今、必要かもしれませんね。

枸杞子
性味   味は甘、性は平。
帰径   肝・腎・肺経
効能   滋補肝腎、明目、潤肺
漢方薬では、
菊花、地黄などを配合する杞菊地黄丸が有名で、肝腎隠虚による諸症状に使われています。
神農本草経には、久しく服せば、筋骨を堅くし、身を軽くし、老に耐ゆ。とあります。

アンチエイジングにどうぞ・・・ということですね。


スーパーフード、キヌア

今朝のNHKあさイチの話題は、スーパーフード キヌア。

栄養バランスに優れ、鉄分、必須アミノ酸も豊富な 女性にとっては嬉しいキヌア。
kinua2.JPG

たんぱく質の不足しがちな高齢者にも使えそうですね。
味がしみ込みやすく、食感も良いので、日本食にだって上手に使えます。

kinua3.JPG

インカの恵とも言われ、昔からペルーでは、大切にされていたキヌア。
最近は、国産のキヌアも手に入りやすくなっています。

簡単な使い方としては、キヌアを3回ほど水を変えて洗い、
キヌア  カップ1
水    カップ1.5
塩    少々
を入れてゆで、サラダやハンバーグ、カレー、ドレッシングなどに混ぜて使う使い方。
特にクセがないので使いやすく、簡単に使えるのが お勧めポイント。
ゆでたキヌアは、冷蔵保存で、3~4日は大丈夫なので、冷蔵庫にストックして、お料理に使ってみましょう。
1日量の目安としては、20g位です。

kinua1.JPG

今夜は、キヌアのサラダはいかがでしょう。トマト、いんげん、キュウリ、山芋やヒヨコマメを入れるのが、私のお勧めです。



世界で最も長生きしたペンギンの話

ginkiti.jpg
こんにちはsunばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

昨年から、4回ほど 「酵素カフェ」を開催していますが、その中で、ペンギンのギン吉の話をしています。

今朝、NHK 「あさイチ」で、長崎のペンギン水族館が紹介され、世界一長生きしたペンギンとして、ギン吉が紹介されていました。

長崎ペンギン水族館で、ギン吉は、はく製にされて飾られていました。

なぜ、ペンギンのギン吉が、長生きだったかというと、それは、その食習慣にありました。

簡単に言うと、1週間に1度断食をしていたのです。

この水族館では、他の水族館と同じような餌をペンギンたちに与えていますが、1週間に1度の断食で、他の水族館と比べると、ペンギンたちがずっと長生きをしているのです。

ギン吉は、ペンギンの寿命が20歳くらいと言われている中、39年9か月もペンギン水族館で飼育されていたのです。

なぜ、断食が良かったと言うと・・・・・

体内には、消化酵素と代謝酵素がありますが、消化酵素と代謝酵素は、密接な関係があり、消化酵素を使いすぎてしまうと、代謝酵素が働かなくなります。

代謝酵素とは、身体の中を修復したり、代謝を上げたり、解毒したり、また、運動、呼吸、脳での思考など生きていくために必要なことに関わっています。

食事をすると、消化吸収のために消化酵素が使われますが、食べ過ぎは、消化酵素の浪費になり、代謝酵素が働けなくなってしまうのです。

野生の動物は、病気の時は、ものを食べずに身体の修復をすると言われています。代謝酵素を目いっぱい働かせるのです。

今は、飽食の時代。食べ過ぎがもたらす体への悪影響を考えなくてはいけません。消化酵素ばっかり働かせないで、代謝酵素を働かせましょうね。

ギン吉のように、たまに断食も良いですよ。

元気で素敵に・・・アラハン


toukou.jpg

ばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

写真は、86歳の母にプレゼントした 篠田桃紅 さんの本です。

桃仁の一つの柱として、年齢を受け入れ、楽しみ、ワインのように熟成していく atractive agingがあります。
年を取る事を悪い事のように連想させる「アンチエイジング」ではなく、魅力的にハツラツと年を重ねる「アトラクティヴエイジング(atractive aging)」
そう呼ぶことにしています。

3月10日のNHK「あさイチ」で、アラハンの事が紹介されていました。

アラハンとは、100歳前後の人を指します。
年を重ねることは、人生経験も、知識も多いという事です。

その人らしく、素敵に年を重ねるために 出来ることを提案します。

年相応の物忘れは仕方ないとしても、自分の事をしっかり自分でできる。
そのために出来ることがあると思います。


私の愛読書 「西太后の不老術 著者 宮原 桂」の中に
『中国において、漢方は人々の、特に皇帝たちの治療の医学として、さらには不老長寿の医学として、その理論と技術が研ぎ澄まされていた。』とあるように、漢方薬は、アンチエイジング(桃仁では、attaractive aging アトラクティブエイジング )が得意です。

日々の養生 と漢方薬服用で、アラハンを目指したいですね。

まぶたの悩み、はれ、むくみ、など

今週のNHKあさイチで放送されたちょっと気になる 「まぶたスペシャル」、まとめてみました。

まぶたは、朝起きたら腫れていたり、年齢が上がるとたるんできたり、
三角のしわができたりと悩みは尽きないけれども、その中には、思いがけない病気が隠れていることもあるようです。

朝のまぶたの腫れ、むくみは、リンパの流れが関係しているようです。
腫れぼったさの正体は、細胞と細胞の間の水で、血管に戻り、余った水はリンパ管が回収するのですが、
水の回収がうまくいかないと腫れぼったくなってしまいます。

リンパは重力により高いところから低いところに流れるので、枕を高くして流れを作ってあげる事が必要です。
その時の注意点としては、首から肩にかけて、なだらかなスロープを作ることがポイントになります。
頭だけ高くすると、首が圧迫されてリンパの流れも悪くなり、逆効果なので気を付けましょう。

次にリンパを流すための呼吸についてですが、リンパを流すためには、腹式呼吸が必要なので、
うつぶせに寝ると、腹式呼吸がうまくできません。
リンパには、心臓のようなポンプ作用がないので、リンパの溜まる場所(横隔膜の近く)が、
腹式呼吸で横隔膜を動かすことにより、流れを良くするからです。

また、腫れぼったさを解消する方法として、蒸しタオルを顔に当てて、優しくマッサージすることも有効です。
img010 (640x453) (640x453).jpg
また、まぶたが原因で起こる 肩こり、頭痛があり、腱膜性眼精下垂症という病気です。
まぶたの筋肉が使えなくなると、おでこや眉間の筋肉でまぶたを動かすことになります。
そうすると、四六時中筋肉が緊張しているので、頭痛、肩こりなどを起こすそうです。

この病気は、加齢、ハードコンタクトレンズ使用、眼をこする ことが原因で、
症状としては、視野が狭くなったり、目が小さくなったり、眉毛の位置が高くなったり、
眉間やおでこにシワが出来たり、頭痛、肩こりなどがあげられます。

最近注目されているまぶたの病気としては、眼けんけいれんもあげられます。
目が開けられないとか、眼が乾く、まぶしい、まばたきが増える、まぶたが自然に閉じるなどの症状があります。

治療としては、脳神経の異常な興奮を抑えるため、ボツリヌス毒素注射が有効だそうです。
保険適用で、効果は3~4か月続くそうです。

気になる症状があったら、一度眼科での診察を・・・・

NHK朝イチで特集! スマホ老眼 

11月5日の NHK朝イチで、『スマホ老眼eyeglass」について取り上げられました。

老眼と言えば、中高年を思い浮かべますが、20代、30代でも、遠くを見るときにピントがすぐ合わなかったり、
手元が 見えにくいなどの老眼にも似た 症状が出ているそうです。

スマートフォンの使い過ぎが、深刻な目のダメージを 引き起こしていると指摘されていました。

eyeを休めることで症状は無くなりますが、そのままにしておくと眼精疲労、近視が進んだり、斜視になる恐れもあるとか・・・

eyeのピントを調節している網様体が、固くなってしまうのでしょうね。

最近の人間は、近くにピントを合わせすぎですね。昔は、もっと遠くを見てたはずです。

人間の目は、遠くを見るようにできているとも言っていました。

スマホ、パソコンpcを長時間見ないように、1時間に10分程度は、目を休める必要があるそうです。

網様体筋の血行を良くするために、近くと遠くを交互に見る 目のストレッチや、目を温めることも薦めていました。

手をこすり合わせて、目に当てたり、遠くを見たりしながら、私も作業をしています。

目の養生については、時々書いていきますねlovelyめがね.jpeg

1

« NHKためしてガッテンから | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ